テーマ別

トップページ>その他>連載:アブガルシアの人気リールの特徴を解説【第8回「レボ ビッグシューター WM60」】

big-shooter

2055アクセス 2016年11月27日

連載:アブガルシアの人気リールの特徴を解説【第8回「レボ ビッグシューター WM60」】

big-shooter

出典:Revo BigShooter WM60 (レボ ビッグシューター WM60)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

今回は雷魚やショアジギング、海外の怪魚をはじめとしたタフなゲームで使っていけるロープロ型ベイトリールを紹介する。

ロープロ型ベイトリールならではのボトム感知能力と操作性をふんだんに活かせるリールだ。

あらゆるビックゲームにおすすめ!「レボ ビックシューター WM60」を紹介

徹底したタフさにこだわったボディ

大型リールのような自重のあるリールを長時間投げ続けると疲労が蓄積する。特にリールのパーミング性能の良し悪しは、手や腕の疲労度に大きく関与するだろう。

本リールはロープロ型リールのため、円形リールよりもパーミングがしやすい。加えてリールフットからの高さが低く設計されているため、快適なパーミング性能を実現した。

また、ドライブギアには強靭な大口径ブラスギアを搭載。同社から発売されている「ビックシューター」に搭載されているギアよりも1.0mm厚いギアを採用した。これにより、大型魚と安心してパワーファイトすることが可能となっている。

パワーファイト対応のハンドル設計

ハンドルにはハンドル長105mmもある大型ハンドルを採用。手返しの良いスピーディーな攻めが可能となった。

さらに、ハンドルノブにはビックゲームに最適な大型のEVAラウンドノブを採用。ハンドルに力を込めやすくなったことで、強引なファイトが可能となった。

充実のブレーキシステム

ベイトリールの性能を大きく左右するブレーキシステム。本リールにはマグネットブレーキ遠心ブレーキを併用したブレーキシステムが採用されている。

これにより、微細なブレーキ設定が可能となり、多種多様な空気抵抗をもつルアーを快適にキャストが可能だ。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) PE(号-m) 価格(円)
REVO BIGSHOOTER WM60 7.6 107 406 10 5-200 37,000
REVO BIGSHOOTER WM60-L 7.6 107 406 10 5-200 37,000

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト