テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>連載:アブガルシアの人気リールの特徴を解説【第7回「レボ エーエルシー BF7」】

revo-bf7

888アクセス 2016年11月26日

連載:アブガルシアの人気リールの特徴を解説【第7回「レボ エーエルシー BF7」】

revo-bf7

出典:Revo ALC-BF7 (レボ エーエルシー BF7)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

近年バスフィッシングだけでなく、ソルトウォーターゲームにおいてもアジやメバルといったライトなターゲットを狙うベイトフィネスが流行の兆しを見せている。

今回は海水でも使用可能な超軽量ベイトフィネス専用リールを紹介する。

海水対応のベイトフィネスリール!「レボ エーエルシー BF7を紹介

タフコンセプトかつ軽量なボディ

ソルトゲームでのハードユースに耐えるため、軽量でありながらもタフさを両立している。同社独自の技術により作られたアルミニウム製のX-CRAFTICフレームは、フレームとしての強度を落とさずに極限まで軽量化がはかられている。

またサイドプレートには独自の新素材C6カーボンを採用。その剛性はマグネシウムに匹敵し、フレームとともに耐久性を保ちながら徹底的な軽量化されている。

繊細なドラグシステムの搭載

ライトラインを扱うベイトフィネス用リールはドラグ性能も重要になってくる。本リールには同社独自の技術を用いたカーボンマトリックスドラグワッシャーを搭載することで、なめらかなラインの放出を可能とした。

また、ライン放出時にドラグ音が鳴るドラグクリッカーが導入されているため、魚をかけた時にその魚がどの程度のサイズなのか瞬時に把握することが可能になった。

これらふたつの機能の恩恵を受けている本リールは、ライトラインを使用してもラインブレイクしにくいリールだと言える。

超軽量超々ジュラルミン製スプールの採用

ベイトフィネス用リールの機能の中枢といっても過言ではないのがスプールだ。このスプール性能の良し悪しによって、ベイトフィネス用リール全体の性能は変わってくる。

本リールには強度を保ちながらも、徹底的に肉抜きが施された超軽量スプールを搭載することで、高いレベルでのキャストフィールを得ることに成功した。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) フロロ(lb-m) 価格(円)
REVO ALC-BF7 7.1 71 141 7 8-50 36,000
REVO ALC-BF7-L 7.1 71 141 7 8-50 36,000

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト