テーマ別

トップページ>その他>[CCBさんからの寄稿] 磯釣り勉強会に行ってきました!!

unnamed

340アクセス 2016年10月22日

[CCBさんからの寄稿] 磯釣り勉強会に行ってきました!!

unnamed

どうもCCBです(-⊡ω⊡)+

今回の、寄稿は岡山県牛窓の沖磯で行われた。

磯釣り勉強会に参加した釣行になります。

もちろん、まだまだ修行が足りないCCB!!

生徒役でプロの方にいろいろ伺ってきました〜

それでは、最後までお付き合いください。

(^人^)

降りた磯は、前島 綱代崎の北側

講師 吉田さんで、僕と同磯者との3人で降りました。

unnamed

まずは、生徒が自分の普段の釣りをして

講師さんからアドバイスをもらうスタイルです。

授業時間は、7:00〜11:00

ハーフタイムを設け、

CCBは、船着場からのスタート!!

潮は、大潮

上げ潮を狙います。

まずは、地形の把握!?

高い場所に上がり、タナやしもり流れを確認します。

そして、撒き餌さを広範囲に撒きます。

一投ごとに、撒き餌さを観察して

流れの変化がある場所を探します。

ある程度、状況を把握した上で

ポイントを絞って行きます。

CCBは、流れのあたるしもり際を

攻めることにしました。

仕掛けは、大知遠投LL60 0号にガン玉G5とG7をうち、ハリスは2ヒロ

全誘導仕掛け!!

2投目に、カサゴがヒット٩( ᐛ )و

これで、底のタナが分かったので

ウキ止めをつけます。

それからは、フグの猛攻にあい…

そこに撒き餌さを溜めながら、少し沖にさし餌を通します。

すると全く、あたりがなく

さし餌が、残って帰ってきます(^◇^;)

ここで、吉田さんに質問しました。

『こういう状況では、どこを攻めたらいいですか?』

吉田さん

『たぶん、雨の影響で水潮があるのと、酸素濃度が低いから潮の流れを嫌っていると思う。流れを釣るより、手前のエサ取りがいるとこと取られないギリギリを見つけて攻めた方がいい!?』

CCB

『わかりました。』

と、ギリギリを探していると

2ヒット2バラシ

しもりに巻かれてハリス切れ

ハリスを1.2号から1.75号に変更!!

ここでハーフタイムを終了

ハーフタイムを過ぎて、同磯者さんが釣っていた場所に移ります。

同磯者さんは、当て潮の流れに乗せて足元でのヒット!?

黒鯛をGETしておりました。

うおおおおおお……

当て潮が、苦手なCCB!!

少し沖にポイントを作り、様子を伺います。

潮も少し緩み、釣りやすくなったところで

チャリコGET!!

unnamed

仕掛けは半誘導仕掛けでタナは、竿一本

G5とG7をハリスに打ちました。

そして、撒き餌さを撒いた、あたりに仕掛けを前後左右に通しますが……

また、さし餌が残るパターンに入りました。

食いが渋いのか、後が続きません(^◇^;)

そこで、ハリスを替えることに

1.7号から1号に

鈎も3号から1号に

ネリ餌を使いました。【高集魚レッド】

同磯者さんが攻めた足元を狙うことに

仕掛けが、馴染んだあたりで…

ドキュ〜ん!

ウキが一瞬で消え去りました。

おぉ〜油断してたΣ(o゚д゚oノ)ノ

レバーブレーキをフル活用しますが…

ギュンギュン引き込まれる。

こいつは、大物や٩( ᐛ )و

慎重にやり取りしようとした瞬間
……

ピューンとウキが飛んでくる。

((((;゚Д゚)))))))

バラした

仕掛けを回収すると

直結部分から外れてる(;´༎ຶД༎ຶ`)

1チャンスいかせないCCB!?

悔し〜

そこで、授業が終了。

片付けをして、最後にいろいろ伺いました。

全体的には、やはり食いが渋い。

そして、前日の環境や魚の状態を考えながら、釣りをする事の大切さを実感しました。

もっともっと勉強しなくてわ〜

磯釣り勉強会の模様

出船編動画

実釣編動画

ブログはこちら

釣行データ

釣行場所

岡山県牛窓の沖磯

今回のタックルセッティング

ロッド/ 宇崎日新「イングラムISO 1.25号」

リール/ ダイワ「トライソ LBD 2500」

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト