テーマ別

トップページ>ブラックバス>ルアーを理解してバス釣り攻略! 「スピナーベイト」の特徴と使い方

スピナーベイト1

9666アクセス 2015年06月22日

ルアーを理解してバス釣り攻略! 「スピナーベイト」の特徴と使い方

スピナーベイト1

出典:”スピナーベイト1“. Licensed under パブリック・ドメイン via Wikipedia.

スピナーベイトとは

スピナーベイトとは、フックがついたルアー頭部からワイヤーが延びており、そこに通常1つか2つの金属製ブレードが付いているルアーである。他のルアーフィッシングでは見られない、バス釣り独特のルアーだ。

この記事では、バス釣りでは非常にポピュラーなルアーであるスピナーベイトの使い方を解説する。

ブレードの種類

店頭に置いてあるスピナーベイトを見てみると、様々な形状や大きさのブレードがついたものがある。ブレードの種類には主に「ウィローリーフ」、「コロラド」の2種類がある。

ウィローリーフ

コロラド

また、ブレードの数や組み合わせによって「シングルウィロー」、「ダブルウィロー」、「ダンデムウィロー」、「シングルコロラド」などに分かれる。

シングルウィロー

ダブルウィロー

L'MAX(エルマックス) bbミニ スピナーベイト 3/8oz ピンクホワイト
L’MAX(エルマックス)
売り上げランキング: 71,319

ダンデムウィロー

ジャッカル(JACKALL) スーパーイラプション 3/8oz DW アユ
JACKALL(ジャッカル) (2013-08-06)
売り上げランキング: 70,801

シングルコロラド

ウィローリーフはフラッシング効果が強く、コロラドは大きく水を動かすことができる。

  • 濁りが強く、フラッシング効果が薄いエリアではダンデムウィローやシングルコロラド
  • フラッシングでアピールしたいときにはシングルウィローやダブルウィロー

を使うと良いだろう。

スピナーベイトを使うべき状況

スピナーベイトはクリアウォーターからマッディウォーター、ディープからシャローまで、様々なフィールドに対応する。

また飛距離もよく根掛かりし辛いので、フィールドに到着してまずスピナーベイトを投げることにより、障害物の有無や水深などの重要な情報をいち早くキャッチすることができる。

そのままスピナーベイトで探っていくのも良いし、得た地形などの情報を基にしてルアーチェンジしていくことも有効だ。

スピナーベイトの基本的な使い方

ただ巻き

スピナーベイトは巻くだけでブレードが回転してアピールするため、基本的には巻くだけで十分に釣れる。すべての層を引いてこれるので、その日の最も釣れるレンジリトリーブスピードを見つけると良いだろう。

ガーグリング

着水直後に竿を立ててリーリングし始めることにより、スピナーベイトを水面直下で引いてくるテクニック。フラッシング効果と水面にブレードが出た時の金属音でバスにアピールすることができる。トップウォーターには出てこないバスにも効果抜群だ。

障害物にコンタクトさせる

スピナーベイトは障害物回避能力が非常に高いルアーであるため、立木やウィード、岩などにコンタクトさせても根掛かりし難い。障害物をタイトに攻めることができるので、当然バスに直接アピールできる可能性は上がる。障害物にコンタクトさせるときにイレギュラーなアクションをし、リアクションバイトを誘発することができる。

トレーラーフックをつけよう

モーリス(MORRIS) グラン トレーラーフック 1号
モーリス(MORRIS)
売り上げランキング: 130,268

スピナーベイトは根掛かりし難い反面、フッキング率があまりよくないことが多い。そんな悩みを解消するのが、メインフックに取り付けるトレーラーフックだ。これを付けることにより、フッキング率が向上するだけでなく、バレ難くもなる。高いものではないので、喰ったバスを確実に獲るためにも付けておくことをお勧めする。

スピナーベイトを投げ倒そう!

難しい操作が必要ないスピナーベイトは初心者にもおすすめなルアーのひとつ。ぜひ様々なフィールドで使ってみて欲しい。

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト