テーマ別

トップページ>シーバス>激ハマりすることも!コノシロパターンのシーバス攻略法まとめ

img_1420-720x540

2582アクセス 2016年10月25日

激ハマりすることも!コノシロパターンのシーバス攻略法まとめ

タグ: /

img_1420-720x540

秋から冬にかけて、産卵前のシーバスのメインベイトとなるコノシロ。コノシロを捕食するシーバスはサイズが大きいことが多く、大型のみを選んで釣れることが魅力だ。今回は、そんなコノシロパターンの攻略法をご紹介しよう。

コノシロパターン攻略法

コノシロを探す

コノシロパターンを攻略するにはまずコノシロの群れを見つけなければならない。コノシロはサビキ釣りなどで狙われるターゲットのひとつなので、釣り具店の釣果情報などを参考にして居場所を探そう。

また、例年コノシロパターンが楽しめるフィールドならば、コノシロの遡上するタイミングを自身で探すのもおもしろい。基本的にコノシロは、河川には上げ潮の流れに乗って遡上してくる。コノシロが遡上してくると水面が騒がしくなるのでわかりやすいだろう。

コノシロのサイズに合わせたルアー

コノシロは15~30cmほどの大きさ。サイズ感を外した方が良いこともあるが、基本的には自身のフィールドに群れるコノシロのサイズを確認してサイズ感の合ったルアーを選ぼう。小さめのコノシロであれば通常使うようなミノーでも良いが、大型個体がベイトの場合にはビッグベイトなどの特殊なルアーが効くことも多い。

コノシロの群れの周りを通す

コノシロの群れの中を通すとルアーが大量のコノシロに紛れてシーバスに見つけてもらいにくい。よって群れがあるレンジの上か下、または群れの端を狙ってルアーを通すと良い。コノシロを引っ掛けてしまわないようにも、スローリトリーブが基本だ。

また、あまりにもコノシロが多く毎回ルアーに引っ掛かってくる場合には、あえてその群れを見切って周辺の小さな群れを狙う方法もある。その方が魚がルアーを見つけやすく効率的なのだ。また、群れの中を大き目のルアーを通すことでコノシロを蹴散らすことで釣れるパターンもある。反応次第で様々な攻め方、ルアーサイズを試してみよう。

強めのタックルで挑もう

コノシロをたらふく食べた大型シーバスはウエイトも乗り、引きも強い。さらに大き目のルアーが基本となる場合も多い釣りなので、パワーのあるロッドに太めのラインシステムが望ましいだろう。

コノシロパターンを攻略

各地で楽しむことができるコノシロパターン。この記事を参考に是非チャレンジしてみてほしい。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト