テーマ別

トップページ>ブラックバス>連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第14回「アンタレス」】

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ac%e3%82%b9

1855アクセス 2016年10月29日

連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第14回「アンタレス」】

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ac%e3%82%b9

出典:アンタレス [ANTARES]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

シマノ[SHIMANO]のロープロ型リールのフラッグシップモデル「アンタレス」。圧倒的な遠投性能と巻きの滑らかさで長年に渡り多くのファンを魅了してきたリールだ。今回は本機種の特徴を紹介する。

ロープロ型リールのフラッグシップ!「アンタレス」を紹介

HAGANEボディにマイクロモジュールギアを搭載

フレーム素材にはリールの素材として最高級品のマグネシウム、本体部分には剛性の高いアルミニウムを搭載し、ギアをはじめとした内部の精緻なパーツをしっかりと守っている。

また、同社のリールの中では初めてマイクロモジュールギアが搭載された機種であり、なめらかな巻き心地を実現した。

光沢のあるメタリックなボディデザインは見るものを魅了し、同社のフラッグシップモデルであることを象徴するようなデザインだ。ただし、本機種は淡水専用となっているので、海水での使用は避けるようにしよう。

圧倒的な飛距離

同機種の最大の魅力といえば、圧倒的な飛距離が稼げる点にある。独自のテクノロジーであるSVSインフィニティと低慣性構造がそれを実現している。

特に陸っぱりでバスフィッシングを楽しむアングラーにとっては大きなアドバンテージとなり、釣果アップに直結する。

また、G-FREEスプールIIIの寄与も大きい。これは超軽量のマグネシウムスプールで、慣性モーメントを抑えることにより、キャスト時の初動レスポンスを向上させている。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) フロロ(lb-m) 価格(円)
アンタレス RIGHT 5.6 65 225 5 14-100 57,800
アンタレス LEFT 5.6 65 225 5 14-100 57,800
アンタレスHG RIGHT 7.4 86 225 5 14-100 57,800
アンタレスHG LEFT 7.4 86 225 5 14-100 57,800

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト