テーマ別

トップページ>トラウト>大型を狙え!ネイティブトラウトにおすすめスプーン5選

img_1804

729アクセス 2016年11月19日

大型を狙え!ネイティブトラウトにおすすめスプーン5選

img_1804

昨今はヘビーシンキングミノーの登場によってそちらのほうが主流となってきたが、スプーンの存在も欠かせない。一定レンジを引く能力に関してはスプーンの方が優れているからだ。

今回はネイティブトラウト用にオススメのスプーンを紹介する。

ネイティブトラウトにおすすめのスプーン5選

スミス「ピュア」

渓流用スプーンの定番中の定番。汎用性が高く、すべてのスプーンの基準といってもいいスプーンだ。

これといった特徴があるわけではないが、あらゆる状況に対応する汎用性を持ち合わせている。どのスプーンを購入するか迷っているアングラーはまず本製品を購入することをおすすめする。

スミス「バックアンドフォース ダイヤ」

独特の形状をしたこのスプーンはダウンクロスの釣りにおいて有効であり、ドリフトとイレギュラーアクションを組み合わせたバックアンドフォース釣法に対応している。

また、表面にダイヤカットが施されているため、フラッシング効果が期待できる。

デュオ「ギャンブレル」

レンジコントロールに優れ、アングラーが意図したトレースコースを正確に引いてこれるスプーンだ。

鋭角的な立ち上がりを見せるフラッタリングアクションが魅力的であり、他のスプーンと一線を画す個性を持ち合わせている。

ダイワ「チヌークS」

長年にわたってトラウトアングラーから愛用されてきた、定番のスプーンのひとつ。

飛距離が稼げ、なおかつ泳ぎも良いという基本性能を充実させている。初心者から上級者まですべての層のアングラーに使ってもらいたい。

イトウクラフト「蝦夷」

流れの中でも浮き上がりにくく、しっかりと水を噛んでくれるスプーンだ。ウォブリングアクションを軸として、ヤマメをはじめとする狡猾な渓流魚を魅了する。

タックルボックスにバリエーションを

ミノー中心となりがちなネイティブトラウトだが、流れが緩やかで水深のあるポイントなどではスプーンが活躍する。多様なルアーをタックルボックスに揃えることで、さらなる釣果アップが見込めるだろう。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト