テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>汁モノワームの収納に!メイホウ「リキッドパック」を紹介

f51ab31c92311fe3774b737c5f19e9c0

1166アクセス 2016年10月22日

汁モノワームの収納に!メイホウ「リキッドパック」を紹介

f51ab31c92311fe3774b737c5f19e9c0

出典:VS-L425 | 明邦化学工業株式会社

一般的なソフトワームに比べると、圧倒的な釣果が得られる汁モノ系ワーム。しかし、収納方法を誤ると、液が漏れ出してバッグなどに匂いが染み付いてしまうことも少なくない。そんな汁モノ系ワームを収納するのに便利なアイテムを紹介する。

汁モノ系ワームの収納に!メイホウ「リキッドパック」を紹介

バスを始め、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、ひいてはタイラバ用のソフトワームに至るまで汁モノ系ワームは各ジャンルで発売されている。扱いづらいイメージのある汁モノ系ワームだが、本製品のような便利なアイテムを使うことで、使い勝手が良くなる。

「リキッドパック」のメリット

匂いのついた液がこぼれると悲惨なことになる汁モノ系ワーム。しかし、その集魚力には目をみはるものがあり、他のワームでは釣りきれない魚をキャッチできる可能性が高い。この「リキッドパック」はしっかりとフタを閉めていれば、液が漏れだすことのない密封型のケースだ。また、大口径形状を取っているため、容器からワームが取り出しやすい。加えて、フタが透明なため、フタを開けずともなかに何がはいっているのかがすぐにわかる。全3サイズのラインナップとなっているので、自分が頻繁に使うワームのサイズに合わせて選択してみてはいかがだろうか。

おすすめの使用方法

汁モノ系ワームは一旦開封したら、すぐにこの「リキッドパック」に入れて保存することをおすすめする。この容器に入れておけば、液がこぼれたり、蒸発したりすることがなくなり長期間にわたって保存が可能となるためだ。

汁モノ系ワームを使ってさらなる釣果アップを目指そう!

一般的なワームと比較すると、多少扱いが面倒な汁モノ系ワーム。しかし、きちんとした扱いをすれば手間がかかることもない。これを機に汁モノ系ワームに手を出してみてはいかがだろうか。

関連商品

投稿ナビゲーション

関連記事

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト