テーマ別

トップページ>シーバス>ダイワからミディアムライトクラスのロッドでキャスト可能なビッグミノー「モアザン クロスウェイク 140F-SSR」が登場

06_morethaniwashi_111f-ssr_2

1789アクセス 2016年10月08日

ダイワからミディアムライトクラスのロッドでキャスト可能なビッグミノー「モアザン クロスウェイク 140F-SSR」が登場

06_morethaniwashi_111f-ssr_2

出典:DAIWA : モアザン クロスウェイク – Web site

ダイワ[DAIWA]からミディアムライトクラスのロッドキャスト可能なビッグミノー「モアザン クロスウェイク 140F-SSR」が登場した。ベイトのサイズが大きい時に110mmサイズではアピールが足りないが150mmサイズのルアーはヘビーロッドでないとキャストが出来ない、といった状況を打破すべく生まれたルアーだ。

「モアザン クロスウェイク」の特徴

表層をフラフラ泳ぐベイトフィッシュの中でもより大きなサイズを好んで捕食するランカーシーバスをターゲットとした「モアザン クロスウェイク」。幾多のフィールドテストを経て開発された「モアザン クロスウェイク」は、存在を示す甘いラトルサウンドに加えて、ボラの稚魚が水面直下で発生させる蛇のような引き波を忠実に再現することに成功した。合わせて、同サイズの引き波系ルアーではトップクラスの飛距離と高レスポンス、レンジキープ力、安定性能を実現している。

「モアザン クロスウェイク 140F-SSR」の特徴

同ルアーの「111F-SSR」の基本性能を損なうことなく140mmまでサイズアップさせたモデル。シーバスが捕食しているベイトフィッシュが大群の時やサイズが大きい状況下で、「111F-SSR」ではアピール力が足らないが、同社の「モンスターウェイク 156F」ではミディアムクラス以上のロッドでないとキャストできないという状況を打破すべく、140mm、30.5gウエイト設定シーバス用ビッグベイトとして誕生した。シーバスの追いが悪い時は、ロッドポジションとリトリーブスピードの組み合わせによって、潜行レンジを最大水面下50cmまでコントロールできる。

「モアザン クロスウェイク 140F-SSR」のスペック

サイズ(mm) 自重(g) タイプ 価格(税別)
140 30.5 フローティング 2,200

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト