連載 : 釣り旅 〜ロクデナシは世界の好きなところで釣りをする【第7回 ベストを尽くす、ベストを作る】

タグ: /
2016年10月06日 (最終更新日:2018年12月13日)

%e5%86%99%e7%9c%9f4

結局、3回の試作をして最終版が完成しまして、唯一無二のダウンベストができた!

前面には6つのポケットとプライヤーホルダーを1つ。これらポケットの設定を詳解しましょう。

1)大型の左右ポケット。ロックボタンつきで、ハンドウォーマーを兼ねています。手が冷えるときはここに手をいれて温めましょう。またピッタリの大きさで、アングラーが最もよく使う小型タックルボックスが入るサイズ・デザインです

2)左上、ジェットセッタータグがついたシガーポケット。その名の通り、タバコがちょうど収まるポケットになっている。愛煙家でないならば、カード類、イヤフォン、USBコード、リップクリーム、マイクロなタックルボックスなどをいれてもいいですね

3)シガーポケット下には、やや傾けて備え付けられたナイフポケット。アウトドアシーンでは、ここに細身のナイフをいれておくことができます。ちょうどオピネル9番が収まります。タウンユースではボールペンやなどを入れておいてもいいでしょう

%e5%86%99%e7%9c%9f5

4)ナイフポケット下にはフリーハンガー、自由な格納庫となっております。ライターを入れてもいいし、車の鍵などをいれてもいいです

5)右側にはよく使うスマートフォン、財布などを入れるための中型のポケット。エクスプローラーズパスは、もちろんここにピッタリと入るようにしました。スマートフォンは17.5×11.5センチまでのサイズが入ります。iPhoneならば、iPhone6s、iPhone6s Plusも。

6)内ポケットは3つ。左胸側に大型が1つ、右胸側に中型2つです。

左胸にはワッペンホルダーがあります。ベルクロ(面ファスナーのこと、またはマジックテープ)のフックが標準装備されています。ここに、お好きなワッペンなどをつけられるように。取り外しができる上、イメチェンでいろいろなワッペンを付け替えするためです。

%e5%86%99%e7%9c%9f6

ハンティングハンガー ダウンベスト

同じ連載の記事を見る

寄稿者プロフィール

お名前

ミズグチケンジ

プロフィール

釣りするフォトグラファー。これまで訪れた国は21カ国。元・編集者。「冒険用品の店」を主宰し、旅する釣具と道具を開発もしている。

この記事を書いた人

ミズグチケンジ

ミズグチケンジ

釣りするフォトグラファー。これまで訪れた国は21カ国。元・編集者。「冒険用品の店」を主宰し、旅する釣具と道具を開発もしている。
タグ: