テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第11回「ストラディック」】

5376628018d07559582fc2f5a0a59a7d

4747アクセス 2016年10月21日

連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第11回「ストラディック」】

5376628018d07559582fc2f5a0a59a7d

出典:ストラディック[STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

本機種は長年、シマノ[SHIMANO]の中級モデルとして愛用されてきた「バイオマスター」の後継機だ。今回は、「バイオマスター」の性能を受け継ぎながらも、さらなる進化を遂げた本機種を紹介する。

堅牢な構造が魅力的!「ストラディック」を紹介

アルミニウムボディに守られた内部構造

本リールの最大の特徴は、剛性の高い各種パーツの組み合わせによって生み出される高い耐久性と、長期間使用していても変わらない巻き心地にある。他のリールと比較しても、決して自重が軽いわけではないが、アルミニウムボディを採用した堅牢な作りになっているため、ギアをはじめとした内部構造がたわみにくい。そのため、シーバスやライトジギングなど、タックル全体に負荷がかかるような釣りに用いても安心だ。

コストパフォーマンスの高さ

実売価格1万円代中盤ながら、シマノ独自の技術であるHAGANEギアとHAGANEボディによる恩恵を感じることができる。また、ハンドルは下位機種とは異なり、ネジ込み式タイプが採用されているため、巻きにブレが出にくく、安定したリトリーブが可能だ。

おすすめの番手と使用方法

本リールの特徴である、自重を犠牲にしながらも丈夫な構造を持つという側面を最大限に生かすことを考慮すると、外洋や港湾オープンエリアで、巻き抵抗の大きい鉄板バイブレーションをメインとしたシーバスゲームや激しいアクションを加えるライトショアジギングに4000番を、都市型河川でのリバーシーバスに3000番台の使用がおすすめだ。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) PE(号-m) 価格(円)
1000S 5 66 200 3 0.6-140 24,700
C2000HGS 6 79 200 3 0.6-150 24,700
2500S 5 73 230 4 0.6-200 25,200
2500HGS 6 88 230 4 0.6-200 25,200
C3000 5 73 230 9 1-400 25,200
C3000HG 6 88 230 9 1-400 25,200
3000XGM 6.2 91 250 9 1.2-150 26,800
4000 4.8 77 275 11 2-210 26,800
4000HGM 5.8 93 280 11 1.5-200 26,800
4000XGM 6.2 99 285 11 1.5-200 26,800

 

Amazonで購入

 

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト