トップページ>アジング・メバリング>リールの「シングルハンドル」「ダブルハンドル」のメリット・デメリットまとめ

リールの「シングルハンドル」「ダブルハンドル」のメリット・デメリットまとめ

タグ: / / / /
アクセス 2016年10月17日

img_0791

リールを購入するとき、シングルハンドルとダブルハンドルのどちらを購入するか迷った経験はないだろうか。

今回はそれぞれのメリット、デメリットを紹介する。

どちらを購入するか迷っているアングラーはぜひ参考にしてみてほしい。

シングルハンドルとダブルハンドルの違いを解説

シングルハンドルのメリット

メリットとして、力が込めやすいという点がまず最初にあげられる。

ショア、オフショアから大型魚を狙ったビッグゲームを楽しむ際にはシングルハンドルの使用がおすすめだ。

またダブルハンドルに比べて、自重が軽いため、タックル全体の自重を軽くしたいと考えているアングラーにはシングルハンドルの使用をおすすめする。

シングルハンドルのデメリット

デメリットとしては、ハンドルの重心が中心にこないため、巻きが安定しにくいという点が挙げられる。

さらに、ハンドルをリールフットの近くで止めておくと重心が中心にないため、勝手にハンドルが回転してしまうことがある。

ライトゲームやエギングなど繊細な釣りの際には、これによってルアーに無駄な動きが加わり、思い通りのアクションができないことがあるので注意が必要だ。

ダブルハンドルのメリット

メリットは何と言っても巻きが安定する点だろう。

ハンドルの重心が中心にきているため、リトリーブが安定し、等速巻きが可能になる。

さらに、ハンドルノブが2つあるため、夜間に手元が見えない時でもハンドルノブが掴みやすく、不意のアタリに対してもすぐに対応ができる。

ダブルハンドルのデメリット

デメリットとして、自重が重くなってしまうことが挙げられる。

タックル全体の自重が重くなると、感度が落ちてしまうという欠点がある。さらにギア部に力が伝わりにくくなるため、パワーファイトには不向きだ。

上手に使い分けよう

上記に紹介したようなメリット・デメリットを考慮すると、トラウトやライトゲーム、エギングではダブルハンドルが有効で、シーバスや青物といった大型魚と対峙する際にはシングルハンドルが有効だと言えるだろう。

ただし、どちらのハンドルにもメリット・デメリットがあるので、自分の釣りのスタイルに合わせて選択するようにしてみてはどうだろうか。

関連記事

エラ洗いを防ぐ!?シーバス釣りにおけるレバーブレーキリールのメリットとは

【リールの選び方虎の巻】スピニングリールの価格ごとの性能差を徹底解説

タグ: / / / /