一年中楽しめる!初心者でも爆釣できる「エリアトラウト」の始め方徹底解説

タグ: / /
2016年11月21日 (最終更新日:2017年08月18日)

目次

  1. エリアトラウトの概要
  2. エリアトラウト用ロッドの選び方とおすすめ
  3. エリアトラウト用リールとラインの選び方とおすすめ
  4. エリアトラウト用ルアーの選び方とおすすめ
  5. エリアトラウト必携アイテムを紹介

エリアトラウト用ロッドの特徴

一般的なエリアトラウト用ロッド

一概にエリアトラウト用ロッドといえど、スプーン用、クランク用、バイブレーション用など細かく分けられているものもあるが、今回はもっともオーソドックスなものを紹介する。

長さは5フィート台中盤から6フィート台前半クラスのものが初心者にも使いやすい。また、ルアーは1〜5g程度のウエイトが扱えるものだと、様々な種類のルアーを1本のロッドで楽しめるため、おすすめだ。

エリアトラウト用ロッドに求められる性能

トラウト類、特にニジマスはルアーを後方からついばむようにして捕食してくる。

口にくわえた際に、違和感を感じるとすぐに吐き出してしまうため、違和感を感じさせないような柔らかめのロッドが最適だ

そのため一般的な表記として、UL(ウルトラライト)クラスのロッドが汎用性が高くおすすめだ。比較的バレやすい魚のため、魚を乗せやすいロッドが求められる。

エリアトラウトは整備されたエリアでの釣りになるため、基本的にストラクチャーなどは存在せず、オープンエリアでの釣りになる。

そのため、ロッド自体のパワーはそれほど必要なく、魚を十分に走らせても、高確率でランディングまで持ち込めるのが自然下での釣りと異なる点と言えるだろう。

初心者におすすめのエリアトラウトロッド

ダイワ「トラウト X」

低価格ながらも、ブランクのネジレを抑える強化構造を搭載してあるハイパフォーマンスエリアトラウトロッド。

様々な状況のエリアトラウトに対応する豊富なラインナップが魅力的だ。

アルファタックル「クレイジートラウト」

ビギナーからベテランまで使用できる専用ロッド。渓流や旅行の際に便利な振出しタイプもラインナップされている。

【次ページ:エリアトラウト用のリールとラインの選び方とおすすめ】

タグ: