テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第8回「ストラディック CI4+」】

5376628018d07559582fc2f5a0a59a7d

2496アクセス 2016年10月16日

連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第8回「ストラディック CI4+」】

5376628018d07559582fc2f5a0a59a7d

出典:ストラディックCI4+[STRADIC CI4+]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

今年、新たに発売された注目のリール「ストラディック CI4+」。前身である「レアニウム CI4+」を受け継いだモデルとなり、自重が軽く、巻き出しも軽いリールというコンセプトを受け継いでいる。今回は本リールを紹介、解説する。

軽さが魅力!「ストラディック CI4+」を紹介

「レアニウム CI4+」譲りの圧倒的な軽さ

シマノ[SHIMANO]独自の「NEWマグナムライトローラー」を搭載することにより、大幅な軽量化と巻き出しの軽さを実現した。ボディ、ローター素材ともに高強度かつ軽量なカーボン素材である「CI4+」を採用。また、リールの重心の位置が手元に来る「Gフリーボディ」により、体感的な重さを軽減した。アジングエギングトラウトなど、タックル全体の軽さが求められる釣りにおいては、この軽さは大きな武器になるだろう。

コアプロテクトの搭載

ソルトウォーターシーンでは海水のしぶきをかぶることが多々ある。海水がリール内部に侵入すると塩ガミの原因となり、巻き感度の低下につながる。このコアプロテクトは撥水効果を利用し、防水効果を高めた構造により、外部からの水の侵入をシャットアウトした。これにより、使用後に水で軽く洗うだけで、初期性能が長持ちするため、頻繁に分解してメンテナンスする必要がなくなった。

このリールを用いたおすすめの釣り

このリールの特徴は上述したように、圧倒的な軽さにある。そのため、アジングやエリアトラウトといった繊細な釣りでの使用がおすすめだ。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) PE(号-m) 価格(円)
C2000S 5 66 160 3 0.6-150 30,000
C2000HGS 6 79 160 3 0.6-150 30,000
C2500HGS 6 81 180 4 0.6-200 30,500
2500S 5 73 185 4 0.6-200 31,000
2500HGS 6 88 185 4 0.6-200 31,000
C3000 5 73 190 9 1-400 31,000
C3000HG 6 88 190 9 1-400 31,000
3000XGM 6.2 91 205 9 1.2-150 32,000
4000XGM 6.2 99 235 11 1.5-200 33,000

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト