トップページ>アジング・メバリング>繊細な釣りには細めのラインを!アジングにおすすめのPEライン5選

繊細な釣りには細めのラインを!アジングにおすすめのPEライン5選

タグ: / / / / /
アクセス 2016年10月07日

PEラインの登場によって、ソルトウォーターゲームが一変したと言っても過言ではない。

シーバスやエギング、ジギングやキャスティングなどではほぼ100%使用されるPEラインだが、昨今アジングにおいてもよく使われる。

今回はそんなアジングにおすすめのPEラインを紹介する。

アジングにおすすめのPEラインを紹介

バリバス「アジングマスター ダブルクロスPE ビビッド」

PEラインながら、比重が1.18と高いため、軽量ジグヘッドを潮になじませ、素早く沈下させることが可能。

また、低伸度、高感度なため、アジから伝わるわずかなバイトをも感知できてしまう。

ディープピンクカラー7cmとホワイトカラー3cmが繰り返されたマーキングが施されているため、自分が動かしたリグがどのくらい動いているのかを視認できる。

サンライン「スモールゲーム PE-HG」

十分に強度を保ち、かつディープゾーンでのアタリの感知にも長けたラインだ。

サクラピンクカラーを採用しているため、日中、夜間問わず非常に視認性が良い

また、ラインナップも0.15号から0.6号までと全6種類にわたるので、自分の使用目的にあったラインの選択ができる。

ラパラ「ラピノヴァX マルチゲーム」

ルアーからラインに至るまで、世界中のアングラーに親しまれているラパラ[RAPALA]。

本製品は、100%ダイニーマを使用し、高操作性・高耐久性・高強度を実現した。

特筆すべきは、そのコストパフォーマンスの高さで、極細の純PEラインながらも1000円代で購入することができる。

試しにライトゲームでPEラインを使ってみよう、と考えているアングラーにおすすめだ。

デュエル「ARMORED アジ・メバル」

日本製でありながらも、実売価格1000円代と高いコストパフォーマンスが魅力的だ。

また、フロロカーボンやエステルラインを凌ぐ感度を誇り、飛距離も十分に稼ぐことができる。

比重が1.0と通常のPEラインよりも重いため、水なじみがよく、風に強い。

PEラインの使用に扱い慣れていない初心者におすすめだ。

ダイワ「月下美人 月ノ響」

釣り具の大手メーカー、ダイワ[DAIWA]から発売されている極細PEラインだ。

Evo Siliconeコーティングが施されているため、表面がなめらかになっている。

また、適度にコシのあるラインのため、PEラインのデメリットであるライントラブルを激減させることに成功した。

専用のPEラインを用いてさらなる釣果アップを目指そう

ライトゲーム専用のPEラインを用いることで軽量のルアーを遠くに飛ばせ、広範囲を探ることができるためさらなる釣果アップが見込める。

ぜひ上記で紹介したラインを使って、PEラインならではの感度の良さを体感してみてほしい。

関連記事

これを選べば間違いなし!アジング用ワームの基礎知識とおすすめ製品

初心者のための「アジングの始め方」徹底解説

タグ: / / / / /