テーマ別

トップページ>オフショア(船釣り)>連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第6回「ツインパワーSW」】

concept_bg

2533アクセス 2016年10月12日

連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第6回「ツインパワーSW」】

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%b1

出典:Amazon | シマノ リール 15 ツインパワーSW 8000HG | スピニングリール | スポーツ&アウトドア

青物やマグロといったターゲットを狙うためには並大抵のタックルでは太刀打ちできない。特にリールは高負荷がかかってもしっかりと巻けるような、巻き上げ力の強いものでなければならない。今回はそういったビックフィッシュゲームにおすすめのリールを紹介する。

抜群のコストパフォーマンス!「ツインパワーSW」を紹介

パワフルなファイトが可能!

この「ツインパワーSW」はシマノ[SHIMANO]から発売されている上位モデル「ステラSW」と同様にボディとローター素材にアルミニウムを使用している。そのため、パワフルなファイトが可能となり、大型魚と対峙した際にもボディがたわむことがないため、力強い巻き上げが可能となる。

優れた防水性能

「ステラSW」と同様に、ボディ部分の防水性能として、「X-SHIELD」と「X-PROTECT」を搭載。そのため、波しぶきを頻繁にかぶるような、過酷なソルトウォーターゲームでも安心して使える。ドラグ部分にも「X-SHIELD」が施されているため、海水が浸入するリスクを減らすことができるのも魅力的だ。

コストパフォーマンスの高さ

この「ツインパワーSW」の実売価格は、同社のフラッグシップモデルである「ステラSW」の実売価格の半分程度にもかかわらず、性能は「ステラSW」に匹敵するようなレベルに達している。そのため、青物やマグロといったターゲットを狙いたいが、「ステラSW」には手が出せない、というアングラーにおすすめだ。筆者も愛用しているおすすめのリールとなっている。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) PE(号-m) 価格(円)
4000XG 6.2 95 355 11 2-210 50,900
5000XG 6.2 105 420 13 3-240 59,500
5000HG 5.7 97 420 13 3-240 59,500
6000HG 5.7 103 425 13 3-300 59,500
6000XG 4.6 83 425 13 3-300 59,500
8000HG 5.6 107 635 28 4-300 70,300
8000PG 4.9 94 635 28 4-300 70,300
10000PG 4.9 102 650 25 5-300 70,300
14000XG 6.2 134 650 25 6-300 70,300

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト