テーマ別

トップページ>ブラックバス>連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第5回「メタニウム MGL」】

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%8b%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%80%80mgl

1654アクセス 2016年10月11日

連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第5回「メタニウム MGL」】

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%8b%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%80%80mgl

出典:メタニウムMGL[Metanium MGL]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

年々進化を遂げているリール。ここ10数年で飛躍的な進化を遂げたといったも過言ではない。今回は多々あるリールの中でも筆者が特におすすめしたいリールを紹介する。バスを始め、ソルトウォーターにも対応したバーサタイルなベイトリールだ。

ベイトリールのハイスタンダードモデル!「メタニウム MGL」を紹介

「マイクロモジュールギア」の搭載

「メタニウム MGL」の特徴は何と言っても驚異的な巻きの滑らかさにある。この驚異の巻きの滑らかさを実現したのは、「マイクロモジュールギア」が搭載されたためである。実売価格3万円前後にして、これほどまで滑らかな巻き心地が得られるリールは他に類を見ない。ダウンショットやネコリグなどソフトワームを用いたテクニカルな釣りから、クランクやスピナーベイトを用いた巻きの釣りまで幅広く対応している。是非一度、このリールを手にとってその巻き心地の良さを体感してもらいたいものだ。

「NEWマグナムライトスプール」の採用

従来まではスプールの糸巻き部分には肉抜き加工が施されていたが、今回新しく採用された「NEWマグナムライトスプール」はこれまで技術的に不可能とされていたスプール側面の肉抜き加工に成功した。これにより、従来のスプールよりも慣性モーメントを約10%ダウンさせることに成功し、飛距離約20%アップを実現した。

パーミングのしやすさとデザイン性の良さ

シマノ[SHIMANO]規格で70番サイズであるため、非常にパーミングがしやすい。そのため、手が小さい人や女性などでも扱いやすい。加えて、全身メタリックなボディデザインなので、様々なロッドにマッチしたデザインとなっている。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) ナイロン(lb-m) 価格(円)
メタニウム MGL RIGHT 6.2 66 175 5 12-100 44,100
メタニウム MGL LEFT 6.2 66 175 5 12-100 44,100
メタニウム MGL HG RIGHT 7.4 79 175 5 12-100 44,100
メタニウム MGL HG LEFT 7.4 79 175 5 12-100 44,100
メタニウム MGL XG RIGHT 8.5 91 175 5 12-100 44,100
メタニウム MGL XG LEFT 8.5 91 175 5 12-100 44,100

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト