テーマ別

トップページ>シーバス>連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第3回「ツインパワー」】

shimano_15twinpower_005-e1474295629709

4303アクセス 2016年09月29日

連載:シマノの人気リールの特徴を解説【第3回「ツインパワー」】

shimano_15twinpower_005-e1474295629709

出典:ツインパワー[TWIN POWER]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

シマノ[SHIMANO]は、その精緻なギアの製造において自転車業界で世界的に有名なメーカーだ。リールにおいてもギアの造りは一級品で、世界中で通用するモノ作りを行っている。そんな同社の最高級のギアを比較的低価格で体感できるのがこの「ツインパワー」である。

シマノが誇るハイスタンダードモデル!「ツインパワー」を紹介

高剛性・高耐久設計のボディとギア

「ツインパワー」の特徴は何と言っても質実剛健の理念に沿った堅牢さにある。決して自重は軽くないものの「HAGANE BODY」に守られた「HAGANE GEAR」と「X-SHIP」の相乗効果によって力強く、ブレのない安定した巻きを実現した。多くのリールで軽量化が進む一方で、その方向には進まずに、ボディの剛性感や巻きのシルキー感を重視した作りになっている。

「コアプロテクト」の搭載

外洋に面した海域での釣りやリバーでのシーバスゲームでは、水しぶきをかぶるシチュエーションが多々ある。リール内部に海水が浸入すると、塩ガミが生じ、回転性能に大きな影響が生じ巻き感度が低下するために、水中から得られる情報量が少なくなってしまう。重度の塩ガミになってくるとゴリ感が生じ、ストレスのたまる釣りになる。こういった障害を排除するための機構が「コアプロテクト」だ。鉄壁の防水性能を誇るため、リール内部への水の浸入をシャットアウトする。

おすすめの使い方と番手

このリールが真価を発揮するのは、リールに対して大きく負荷がかかるような釣りに使う場合だ。そのため、外洋に面したエリアでの釣りや、流れの速い河川での釣りにおいてその性能を十分に発揮することができる。おすすめの番手は4000番台で、外洋のシーバス、ヒラスズキ、中型青物、ヒラメをターゲットとした釣り、または大河川でランカークラスをターゲットとしたリバーシーバスゲームに用いると一層このリールの良さを体感することができるだろう。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) PE(号-m) 価格(円)
1000PGS 4.3 57 195 3 0.6-140 40,000
C2000S 5.0 66 195 3 0.6-150 40,000
C2000HGS 6.0 79 195 3 0.6-150 40,000
2500S 5.2 76 240 4 0.6-200 41,000
2500HGS 6.0 88 240 4 0.6-200 41,000
C3000 5.2 76 245 9 1-400 41,000
C3000HG 6.0 88 245 9 1-400 41,000
C3000XG 6.4 93 245 9 1-400 41,000
3000HGM 5.8 85 265 9 1-220 43,300
4000PG 4.4 70 290 11 2-210 43,300
4000HG 5.8 93 290 11 2-210 43,300
4000XG 6.2 99 295 11 2-210 43,300

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト