テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>アジングにおすすめ!おすすめのエステルライン5選

img_1128-720x540

3752アクセス 2016年09月25日

アジングにおすすめ!おすすめのエステルライン5選

タグ:

img_1128-720x540

秋が深まるこれからの時期、アジングは最盛期に入る。今回は、昨今アジング用のメインラインとして注目を浴びているエステルラインを紹介する。どのエステルラインを購入するか迷っているアングラーは参考にしてみてほしい。

アジングにおすすめ!おすすめのエステルライン5選

バリバス「アジングマスター」

異次元のラインコントロールと驚愕の高感度を実現した。風のある日でもラインコントロールがしやすいため、軽量ジグヘッドを扱うアジングにおいては大きなアドバンテージとなる。ただし、ライン自体に伸張性がないため、事前にドラグの設定をしっかりと行う必要がある。筆者も愛用している一押しのラインだ。

サンライン「鯵の糸」

エステルラインの弱点であった、ライントラブルを軽減することに成功した。加えて、30cmを超えるような大型のアジがかかっても安心してやり取りができる強度も兼ね備えている。夜間の常夜灯下で高い視認性を発揮するフラッシュイエローを採用しているため、リグがどこにあるのかを明確に確認することができるのは嬉しい点だ。

ティクト「ジョーカー」

ライトゲームアングラーにはおなじみのメーカーであるティクト[TICT]。この「ジョーカー」は吸水性が低く、表面が硬いため、フロロカーボンに近い耐摩耗性を発揮する。高感度を実現したラインのため、魚からのアタリがダイレクトに伝わり、釣果アップが見込める。

YGKよつあみ「チェルム アンバーコード S-PET」

数々の名作ラインを作り上げてきたYGKよつあみ [YGK YOZ-AMI]。そのラインの品質は一切の妥協を許さずに作られているため、多くのアングラーから絶大な信頼を得ている。このラインの最大の特徴は直線強力との結節強力比率97.4%という驚くべき結びの強さを実現した点にある。

サーティフォー「ピンキー」

34 ピンキー 200m

参考価格 : 1512-3558円

アジングをメインとして、ライトゲーム専門のメーカー「サーティフォー」から発売されているラインだ。夜間の釣りがメインとなってくるアジングにおいて、ラインの視認性の良さは大きなアドバンテージになる。この「ピンキー」は「魚に見えにくく、人に見えやすい」のコンセプトを基に作られているため、単に視認性の良いラインというわけではない。同社から発売されている「ジョイントライン」とセットで使ってみてはいかがだろうか。

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト