トップページ>その他>ジャッカルのナカジー氏が解説!淀川でジグヘッド+ワームを使ったチニングに挑む

ジャッカルのナカジー氏が解説!淀川でジグヘッド+ワームを使ったチニングに挑む

タグ: / / / /
アクセス 2015年06月16日

20150615110024

出典:ナカジーが淀川チヌゲームをジグヘッド攻めで攻略! – YouTube

ジャッカル [JACKALL] のプロスタッフナカジーこと中島成典氏が、淀川でジグヘッドを使ったチニングを実釣・解説する動画が公開されている。

同社のチヌ用ワームのアクションや使い方解説黒鯛ゲームの基本的なアクションなどを解説した動画だ。

初心者必見!チヌ用ワームでの釣り方を徹底解説

ジグヘッドは0.9g〜3.5gの間で、風や水深、潮の流れによって調節しよう。

  1. チヌはシャローなポイントにいることが多い為、リップラップ(ゴロタ石)に対して、斜め沖にキャストする。
  2. フォールされボトムに着底させる。
  3. 着底後ボトムを感じながら、スローリトリーブ、もしくはストップ&ゴーでアクションさせる。

根掛かりしたときの対処方法

チニングはボトムを攻めるため、根掛かりすることが多くなる。

ワームが根掛かりしたときの対処法は、

  1. ロッドを高く掲げ、ワームに対するラインの角度を高くする
  2. 強く根がかったときは、キャストした方向に回り込んで回収する。

これは覚えておくとかなり便利だ。

斜めにキャストすることで根掛かりも少なくなり、リップラップ周辺にアプローチできる時間も増える

基礎的なテクニックだが、必ず覚えておこう。

さっそくチニングをはじめてみよう

手軽に魚とのファイトを楽しむことができるチニング。

水温が暖かい時期にシーズンになるので興味がある人ははじめてみよう。

関連記事

似ているけどここが違う!クロダイとキチヌを見分ける3つのポイント

進化を続けるライトチニングゲーム!アルカジックジャパンから最新チヌゲーム「ライトタックルで狙うチヌ5」の映像が公開

[スズシゲさんからの寄稿] 見える魚は釣れない?気配を消すよそ見釣法で警戒心の高いチヌを攻略

関連商品

タグ: / / / /