テーマ別

トップページ>ショアジギング>メジャークラフトの「ジグパラ」シリーズを使用してヒロセマンがショアスロー&スーパーライトショアジギングを展開

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-19-05-31

公式 2016年09月22日

メジャークラフトの「ジグパラ」シリーズを使用してヒロセマンがショアスロー&スーパーライトショアジギングを展開

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-19-05-31

メジャークラフト[Majorcraft]の「ジグパラ」シリーズを使用してヒロセマンがショアスロー&スーパーライトショアジギングを展開する映像が公開された。防波堤からメタルジグを使用し、ワームでは狙えないような沖の深場を攻略する。

「ジグパラ」シリーズでショアスロー&スーパーライトショアジギング

場所は愛媛県の宇和海エリアで、同社の「ジグパラ」シリーズを使用してハタ系の魚を攻略する。ハタ系以外にも多種多様な魚が釣れるのも魅力的なショアスロージギング。映像内でもハタ系のみならず様々な魚を釣り上げている。

「ジグパラ スロー」の重さの選び方

防波堤からの釣りであれば基本的に30gを使用するようにし、浅いところは20g、深いところは40g、といったように使い分けるといい。

ショアスロージギングの誘い方

ショアスロージギングの誘い方は大きく分けて2種類。2〜3回程シャクリ上げてボトムまでフォール、その後再度2〜3回シャクリ上げる、の繰り返しでボトム中心に狙う釣り方と、1シャクリごとにフォールで食わせの間を作り、断続的に中層までアクションし続け中層〜ボトムまでを広範囲で狙う釣り方だ。狙い方は基本的にボトム中心だが、ハタ系は遊泳力が高いためある程度中層までシャクリ上げたところでも食ってくることが多い。

シャクリ上げた後のフォールはテンションフォールでもいいが、水深が深いと手前にどんどん戻ってきてしまうため、ロッドを前に倒してラインを張らず緩めずで送り込みながら着底させるといいだろう。

ワームと比較したメタルジグのメリット

ワームのほうが食いがいい場合が多いが、メタルジグはワームと比較して圧倒的に手返しがよい。また、キャスタビリティにも優れており沖の深場を攻めることが可能なので、スレていないフレッシュな魚を狙うことができる。

手返し良く沖の竿抜けエリアを攻めよう

ワームと比べ効率よく探れ、かつ遠投が可能なメタルジグを使用したショアスロージギングは、連日多くのアングラーに叩かれているようなフィールドでは非常に効果的な釣り方と言えるだろう。また映像内でも触れているが、ハタ系の魚は居付きの魚のため、小さいものが釣れたら極力逃がすようにしよう。そうすることで来年、再来年と、いつまでも釣りを楽しめる。

メジャークラフト「エヌワン スーパーライトショアジギングモデル」

1468290514408_2

スーパーライトショアジギング!? 聞き慣れないゲームカテゴリーですが、10〜40gまでの軽量ジグで、オカッパリから気軽に楽しむ「お手軽ジギング」をこう呼びます。しなやかさとパワーをあわせ持つナノパワー・テクノロジー採用なので、疲れ知らず。 楽しく気軽に遊べます。新発売のジグパラマイクロ15gや、40gまでのジグパラ・ジグパラセミロングとのコンビネーションも抜群。

ラインナップ

モデル 全長(フィート) ルアーウェイト(g) PEライン(号) 価格(税別)
NSS-902SSJ 9.0 5-30 0.4-1.2 21,500
NSS-942SSJ 9.4 15-40 0.6-1.5 22,500

(太字は動画で使用されたタックル)

製品ページはコチラから

メジャークラフト「ジグパラ スロー」

jig770_jp_slow

近年加熱の予感が漂っているスロー系シルエット、フロントにはツインアシスト、リアにはシングルアシストの3フック仕様。細かいピッチのヒラヒラ落ち葉フォールを生み出し、引き重りを抑えつつしっかりとした水押しのハイアピール設計。ノーマルよりややリア気味のウエイトセッティングは安定した飛行姿勢と想像以上の飛距離をたたき出します。

ラインナップ

[20g・30g・40g] 各7色 価格はオープン価格

製品ページはコチラから

メジャークラフト「ジグパラ マイクロ」

jig770_3

割れ、剥がれに非常に強い「5層マルチレイヤーコーティング」や、刺さりと貫通性能に拘った、 日本の職人製オリジナルフックを、3g・5gは動き重視のリアトレブル、7g・10gにはフロント&リアトレブルをセッティング。 スレが心配な時にも。スリムと比べ大人しいナチュラルフォール。

ラインナップ

[3g・5g・7g・10g] 各8色 価格はオープン価格

製品ページはコチラから

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト