テーマ別

トップページ>ショアジギング>メジャークラフトの「ジグパラ スロー」を使用してヒロセマンがショアスロージギングゲームを展開

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-12-32-03

公式 2016年09月14日

メジャークラフトの「ジグパラ スロー」を使用してヒロセマンがショアスロージギングゲームを展開

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-12-32-03

メジャークラフト[Majorcraft]の「ジグパラ スロー」を使用してヒロセマンがショアスロージギングゲームを展開する。スロージギングは何が食うのか分からないのも楽しみのひとつ。映像内でも思わぬ大物がヒットする。

「ジグパラ スロー」でショアスロージギングゲーム

釣り場は高知県の沖の島で、同社の「ジグパラ スロー」を使用して防波堤からショアスロージギングゲームを展開している。映像内ではヒメダイに始まり、チカメキントキやオオモンハタなど、様々な高級魚がヒットする。

映像内ではヒロセマンこと広瀬達樹氏とペルビー貴子が釣り勝負を繰り広げるのだが、本来多く釣っているはずの広瀬達樹氏が理不尽な「ペルビールール」に苦戦するのも見どころだ。

「ジグパラ スロー」の使い方

ゆっくりと3〜4回程しゃくり上げ、ひらひらと落としボトムを集中的に狙う。ショアジギングは連続的なジャークをすることが多いが、スロージギングの際は毎ジャークごとに一瞬食わせの間を作るのが重要になる。

メタルジグだけでも忍ばせておこう

手軽に様々な高級魚を狙うことができる「ショアスロージギング」。専用のタックルを使うに越したことはないが、エギングタックルやシーバスタックルを流用することもできる。本命の魚が釣れない時は、ボックスに忍ばせたメタルジグを使っておみやげを確保するのもいいかもしれない。

メジャークラフト「エヌワン スーパーライトショアジギングモデル」

1468290514408_2

スーパーライトショアジギング!? 聞き慣れないゲームカテゴリーですが、10〜40gまでの軽量ジグで、オカッパリから気軽に楽しむ「お手軽ジギング」をこう呼びます。しなやかさとパワーをあわせ持つナノパワー・テクノロジー採用なので、疲れ知らず。 楽しく気軽に遊べます。新発売のジグパラマイクロ15gや、40gまでのジグパラ・ジグパラセミロングとのコンビネーションも抜群。

ラインナップ

モデル 全長(フィート) ルアーウェイト(g) PEライン(号) 価格(税別)
NSS-902SSJ 9.0 5-30 0.4-1.2 21,500
NSS-942SSJ 9.4 15-40 0.6-1.5 22,500

(太字は動画で使用されたタックル)

製品ページはコチラから

メジャークラフト「ジグパラ スロー」

jig770_jp_slow

近年加熱の予感が漂っているスロー系シルエット、フロントにはツインアシスト、リアにはシングルアシストの3フック仕様。細かいピッチのヒラヒラ落ち葉フォールを生み出し、引き重りを抑えつつしっかりとした水押しのハイアピール設計。ノーマルよりややリア気味のウエイトセッティングは安定した飛行姿勢と想像以上の飛距離をたたき出します。

ラインナップ

[20g・30g・40g] 各7色 価格はオープン価格

製品ページはコチラから

メジャークラフト「ジグパラ マイクロ」

jig770_3

割れ、剥がれに非常に強い「5層マルチレイヤーコーティング」や、刺さりと貫通性能に拘った、 日本の職人製オリジナルフックを、3g・5gは動き重視のリアトレブル、7g・10gにはフロント&リアトレブルをセッティング。 スレが心配な時にも。スリムと比べ大人しいナチュラルフォール。

ラインナップ

[3g・5g・7g・10g] 各8色 価格はオープン価格

製品ページはコチラから

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト