テーマ別

トップページ>エサ釣り>サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選

fish-1092266_1280-1

3833アクセス 2016年09月17日

サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選

タグ:

fish-1092266_1280-1
家族や友達と、気軽に堤防から楽しむことができるサビキ釣り。アジをメインとして様々なターゲットが狙え、何が釣れるかわからないという楽しみもある。今回はそんなサビキ釣りを快適に楽しむためのおすすめアイテムを厳選して紹介する。

サビキ釣りにおすすめの便利アイテム5選

ヒロキュー「にぎっていれるだけ サビキカゴ専用」

常温で保存でき、毎回使用する分だけ使える非常に便利なアミエビだ。ストックとして保管しておけば、釣具屋にわざわざ足を運ぶ必要もない。加えて、チューブ状になっているため、手を汚さずにアミカゴにアミエビを入れることができる。筆者イチオシのサビキ釣り用アイテムだ。

第一精工「すいこみバケツ」

数々の便利アイテムを発売している第一精工。この「すいこみバケツ」には、底部にサビキ釣り用のアミカゴがすっぽりと入る穴が作られている。そのため、アミエビと海水を入れて混ぜ合わせ、仕掛けをセットしたアミカゴをバケツの中に入れると、アミカゴがバケツ底部の穴に入るため、自動的にアミエビがカゴの中に入る。毎回手でアミエビを詰める必要がないため、手を汚すことなく大変便利だ。

プロマリン「パックンカゴ」

このカゴは従来のアミカゴと異なり、アミカゴが可動式となっている。アミカゴの上部をつまむことでカゴの底部が開き、つまむようにしてアミエビをかごの中に入れることができる。そのため、手を汚ししくく、簡単にアミエビを入れることができる。

ドレス「ディノグリップ

直接手で触ることなく、釣った魚の針外しができる便利アイテムがこの「ディノグリップ」だ。魚をしっかりとホールドしておける上に、デザイン性にも優れている。また、穴開き形状のため、水洗いがしやすく簡単に汚れを落とすことができる。別売りのケミホタルを装着することもできるため、夜間に使用する際にも紛失するリスクを低減させることが可能だ。

メイホウ「ニオイが消えるティッシュ」

上記に紹介したような便利アイテムを用いても、サビキ釣りでは何かしらの拍子にどうしても手に汚れやニオイがついてしまいがちだ。そんな時に便利なのがこの「ニオイが消えるティッシュ」だ。万が一、手に匂いがついてもその場で落とせるため、後々匂いが残らない。サビキ釣りに行く際には必携のアイテムと言って良いだろう。

何でも釣れる、たくさん釣れる

魚種を選ばず、かつ群れが入ってきたタイミングでは驚くほどの数釣りができるサビキ釣り。難しい操作や専用のロッドなどは必要ないため、初心者でも簡単に楽しむことができる釣り方だ。今回紹介したものはそんな初心者の釣りをより快適に、楽しめるようにするものばかりだ。是非一度試してみてほしい。

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト