テーマ別

トップページ>シーバス>連載:シマノの人気リールの特徴を解説!【第2回「ヴァンキッシュ」】

%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

3191アクセス 2016年09月22日

連載:シマノの人気リールの特徴を解説!【第2回「ヴァンキッシュ」】

%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

出典:NEWヴァンキッシュ[Vanquish]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

今年発売されたリールの中でもひときわ注目を浴びたのが、シマノ[SHIMANO]の「ヴァンキッシュ」。軽さと強さが融合したリールで、決してフラッグシップモデルに引けを取らないスペックを持つ。今回はそんなヴァンキッシュを徹底的に解説する。

軽さと強さの融合 「ヴァンキッシュ」を解説

圧倒的な軽さ

「ヴァンキッシュ」の特徴として、第一に挙げられるのが、圧倒的な軽さだ。現在発売されているスピニングリールの中で最軽量であり、1000番〜C2000番台は驚異の155gしかない。これにより、5ft台、6ft台の軽量ロッドと合わせることで、タックル全体の感度が上がり、釣果アップにつながることは間違いない。これだけの軽さを誇りながら、ギア部にはシマノ独自の「精密冷間鍛造ギア」が搭載されており、十分な強度も兼ね備えている。加えて、ボディ部分には「HAGANEボディ」が採用されており、リールのたわみや歪み、ネジレといったものを取り除くことに成功した。

マイクロモジュールギアの搭載

「ヴァンキッシュ」が発売される以前、スピニングリールでは同社のフラックシップモデルの「ステラ」にしか搭載されていなかった、「マイクロモジュールギア」が搭載された。これにより、滑らかでシルキーな巻き心地を実現したため、巻き感度が向上した。

NEWマグナムライトローターの採用

新しく生まれ変わった「NEWマグナムライトローター」は左右対称のローター構造を改善し、ローター構造を左右非対称にすることで、回転慣性を最大14%低減させることに成功し、さらなる巻きの軽さを実現した。また、ローター自体の剛性も従来のマグナムライトローターと比較して、最大30%強化することに成功した。これにより、ドラグ性能をさらに向上させることに成功している。

ラインナップ

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) PE(号-m) 価格(円)
1000PGS 4.3 57 155 3 0.6-140 54,500
C2000S 5.1 67 155 3 0.6-150 54,500
C2000HGS 6.1 80 155 3 0.6-150 54,500
C2500HGS 6.0 81 175 4 0.6-200 55,600
2500S 5.3 77 180 4 0.6-200 56,700
2500HGS 6.0 88 180 4 0.6-200 56,700
C3000 5.3 77 185 9 1-400 56,700
C3000SDH 5.3 77 195 9 0.6-200 58,800
C3000HG 6.0 88 185 9 1-400 56,700
C3000XG 6.4 93 185 9 1-400 56,700
3000HGM 5.8 85 210 9 1-220 58,800
4000HG 5.8 93 230 11 1-500 58,800
4000XG 6.2 99 240 11 1-500 58,800

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト