テーマ別

トップページ>オフショア(船釣り)>連載:ダイワの人気リールの特徴を解説【第10回「ミリオネア バサラ」】

millionaire-basara_1

2401アクセス 2016年09月20日

連載:ダイワの人気リールの特徴を解説【第10回「ミリオネア バサラ」】

millionaire-basara_1

出典:DAIWA : ミリオネア バサラ – Web site

第10回目となる本連載。今回はタイラバをはじめとした、オフショアでの釣りに活躍するリールを紹介する。この「ミリオネア バサラ」は円形リールならではの剛性の高さが魅力的で、パワフルなファイトも可能なリールだ。

ダイワのオフショア用リール「ミリオネア バサラ」を紹介

鍛造マシンカットフレーム&両サイドプレートの採用

「ミリオネア バサラ」の最大の特徴は剛性の高いボディとサイドプレートから生み出される、巻きの強さとハンドル回転の滑らかさだ。円形リールのため、ロープロ型リールと比較すると自重は重くなるものの、その分巻きが安定する。ブレがなく、巻きが安定するということは、タイラバなど等速巻きが要求されるような釣りでは非常に効果的だ。さらに巻き上げ力が強いため、青物が掛かった際にも安心してやり取りすることができる。

マグシールドボールベアリングの採用

ピニオンギアにマグシールドボールベアリングを搭載することで、滑らかでシルキーな巻きごごちが長期間にわたって持続する。また、オフショアでの釣りでは、移動中、リールに波しぶきがかかることが多く、その分塩ガミしやすくなる。そういった過酷な状況下で用いても、耐久性に優れたリールとなっている。

ATDの搭載

従来のドラグよりも滑らかに効き続けるため、ラインブレイクを防止する。魚の引きに追従しながらラインが放出されるため、魚に違和感を与えにくく、バラシも減る。魚に対してプレッシャーをかけつつも、徐々に魚との距離を縮めていくことを可能にした新世代のドラグシステムだ。

このリールを使ったおすすめの釣り

剛性が高く、巻きがブレないため、等速巻きを要求されるタイラバでの使用が最もオススメだ。加えて、十分な巻きの強さも兼ね備えているため、近海でのライトジギングでの使用もオススメだ。インチクを用いた根魚用にも適しており、近海でのオフショアの釣りにマルチに対応していける1台となっている。

「ミリオネア バサラのラインナップ」

タイプ ギヤ比 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) PE(号-m) 価格(円)
100H 6.3 71 295 7 2-150 43,500
100H-L 6.3 71 295 7 2-150 43,500
200H 6.3 71 325 7 4-140 43,500
200H-L 6.3 71 325 7 4-140 43,500

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト