テーマ別

トップページ>エサ釣り>もう生き餌はいらない?餌釣りアングラーの中で話題の「ワゲット」を紹介

fish-1466459_1280

12940アクセス 2016年09月20日

もう生き餌はいらない?餌釣りアングラーの中で話題の「ワゲット」を紹介

fish-1466459_1280

今回は今一部の間で話題になっている餌「ワゲット」を紹介する。「ワゲット」は穴に針を通すだけなので、餌付けに慣れていない初心者でも簡単に餌をつけることができる点にある。また、他の餌と組み合わせて用いることもでき、バリエーションも豊富だ。

手軽に餌釣り!「ワゲット」を紹介

「ワゲット」は穴の空いた独特の形状により、針を通すだけで簡単に付けることができる。多量のアミノ酸を含有しているため、集魚力も極めて高く魚の食いの良さも抜群だ。瓶から取り出して、針に1〜3粒つけるだけで使えるため、非常に使い易い。また、常温で保存しておけるため、常に持ち歩いておいても腐るようなことはない。

チヌや、アイゴ、アジ、ウミタナゴ、グレを始めとして多くの魚種に対応し、堤防からの手軽なファミリーフィッシングはもちろんのこと、本格的な磯釣り用にも対応している。「ワゲット」単体での使用もできるが、オキアミ虫餌と合わせて使用することで、さらに効果を発揮する。

ジグヘッドと合わせての使用

エサ釣りだけでなく、アジやメバルを狙ったライトゲームのお供にも最適だ。ジグヘッドにこの「ワゲット」をつけるだけで、簡単に餌釣りを楽しむことができるようになる。今までワームでは狙うことが難しく、餌釣りでしか手にできなかったグレやカワハギといった魚種まで釣ることができる。

川での小物釣り用のラインアップも

海釣り用だけでなく、川釣り専用の「ワゲット」も発売されている。こちらは、海釣り用のものと比較すると小さめのサイズとなっているため、小さな魚でもスムーズにフッキングさせることができる。また、視認性の良いイエローに着色されているため、濁った川の中でも餌の位置が把握しやすい。

ルアー派もバッグに忍ばせておこう

この「ワゲット」は文中でも紹介したが、ジグヘッドなどに付けることができ、かつ腐らない。ワームでどうしても食いが悪い時に最終兵器としてバッグに忍ばせておくことで、思わぬ釣果が上がるかもしれない。値段も求めやすくなっているので、気になる人は試してみてはいかがだろう。

投稿ナビゲーション

関連記事

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト