テーマ別

トップページ>釣行記>[Yutoさんからの寄稿] まだまだ夏は終わらない!高級魚ゲット♪

unnamed (3)

2252アクセス 2016年09月13日

[Yutoさんからの寄稿] まだまだ夏は終わらない!高級魚ゲット♪

unnamed (3)

先日の台風の影響で雨が多く降り、水が出て濁りが出ました!

いつもは小さい川が増水して1.5倍の水量になっています。

これはもうシーバスでしょ!ということでいざ出撃。

ポイントは大河川に 小河川が流れ込んでいる場所。

周りではボラがたくさん飛び跳ねていてそれにまぎれてたま〜にシーバスがボイルしています。

ベイトはあまり見えませんが、何かがいるんでしょう!

あまり派手なボイルではないのでベイトサイズは小さいと予測。

なおかつ水は濁っている。

そこで選んだのはシマノの「サイレントアサシン 99F」。

重心移動式のルアーなのでよく飛び、広く探れます。

まずは上流に向かってキャスト

着水して少しちょんちょんと引っ張って潜らせます。

そこからはただ巻き

壁際(自分の立ち位置)に近づいてくるとガガガッという感じでなにか手応え。

こういう場合は大体テトラポッドの確率が高いです(笑)

河川にはだいたい岸づたいにテトラポッドがあってそれによってルアーをなくしたり、魚をばらしたりという人もたくさんいると思います。

根掛かりの場合最初はビクビクッってなる場合が多くて最初は本当に魚が喰ったように錯覚してしまいます。

しかし、そこで合わせをいれると根掛かりだった場合に外せなくなります。

魚かどうかを判断するにはそのままの状態で少しだけ待ってみます。

その時に頭を振る様子や動く様子があれば容赦なく合わせを入れてください(笑)

根掛かりだとすると動きはありません。

このときフローティングタイプのルアーを使っていると待つだけでルアーが浮き上がって障害物を回避してくれます。

待っても外れないときはできるだけルアーの反対側に周り込みます。

真反対は不可能だろうと思いますが、岸壁の端くらいまで移動して引っ張ると外れることがあります。

なによりも重要なことは根掛かりかもしれないとわかったときに強く引っ張らないことです!

ちょっとずつ障害物の位置も掴めましたが、肝心な当たりは一切なし。

そこで移動することにしました!

いつもなら一人で行くには少し怖いのですが、今回は同行者がいるので安心!

いつもは陸になっている場所が水没しているのでいつも通りにはいきませんが、釣りにはなります。

いい感じで潮目が出ていてそこを狙っているとヒット

友達と全然違う話をしていてときに、ちょっと重くなってゴミでも引っ掛けたかなーって思っているとなんとマゴチ!

unnamed (4)

55cm。

この夏ずっと釣りたかった魚がここで登場です!

袋さえ持ってなかったので即帰宅(笑)

翌日美味しくいただきましたとさ♪

unnamed (5)

釣行データ

釣行日

2016年9月2日

釣行場所

徳島北部

潮汐

大潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ シマノ「ルナミス」

リール/ ダイワ「カルディア」

ルアー/ ダイワ「バーティス」

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト