テーマ別

トップページ>釣行記>[Yutoさんからの寄稿] 最後にビッグワン登場!日本の古式釣法「てんから」

unnamed (1)

960アクセス 2016年09月06日

[Yutoさんからの寄稿] 最後にビッグワン登場!日本の古式釣法「てんから」

unnamed (1)

近頃になってやっと雨に恵まれるようになってきた徳島です!

もう雨が降れば気分はルンルン♪

海へ行こうか川に行こうか選択肢もたくさんできます。

しかしこんなときに限って釣りに行く時間がなかったので川へちょい釣りに!

この川では前から夕方になると頻繁にライズが起こって簡単に釣れそうだったのです。

正体はオイカワ(はや)やムツだと思います。

そして釣り方は毛針一本釣り

ハヤといえばたくさんの毛針がついた仕掛けを流して釣るのが一般的だと思いますが、より楽しく釣るために一本針にしました。

仕掛けは3.3mのテンカラ竿にテンカラライン3号、ハリス0.8号。そしてその先に釣り具屋で売っている「はや毛針」を結びます。

ハヤ用の毛針と同じようにして鮎毛針も売っていますが、そちらは2本で800円くらいなのでハヤ用で十分です(笑)

それでは実釣!

冬場は草が枯れて河原を歩きやすいのですが、今は夏で草だらけ。

ヘビが出てくるかもしれないので、はだし+サンダルで水に浸かって釣ることにしました!

unnamed (2)

ここでテンカラの釣り方のことを少し。

テンカラの仕掛けには重りとなるものが全く含まれていません。

それはできるだけ毛針を流すためです。

ではどうやって仕掛けを飛ばすのかというと秘密はそのラインにあります。

3号という太いラインを使ってそれをむちのように使います。するとその先にある毛針も綺麗に飛びます!

ただ練習していなければ全く飛ばずに釣りにならないなんてこともあるので練習しておくことをオススメします。

この日川下から若干風があったので釣り上がるにはもってこいのコンディションでした!

ヒュッっと振ってふわんっと落とすと……

パシャっ

やったあ!

こんな感じで釣れてくれます(笑)

釣れてくる魚は想像通りでムツとオイカワ!

比率的にはムツが断然多くて8:2くらい。

どうやら流れの早さによって住みわけされているみたいで、淀んだ場所にはムツ、流れの速い場所にはオイカワという感じでした!

unnamed (3)

オイカワ(はや)

unnamed (4)

ムツ

終盤に少し開けたプールのようなところに到着しました!

unnamed (5)

ちょくちょくライズも起こっていていい感じ!

まずは右側。

そして次は左側。

そして真ん中。すると……。

ポチャっていう音とともにヒット

いままでにない引きをしたので鮎かとも思いましたが(こう見えてこの川には鮎がたくさんいます!)あがってきたのは、なんとオイカワ!

unnamed (6)

こんなサイズはかなり稀です!

丸々していて串に刺して焼いて食べたかったです(笑)

その後にもいい型のムツが相手してくれて楽しい時間を過ごせました!

オイカワはこれから秋になるにつれて脂がのってきます。すると食べてもかなり美味しくなるのでそうすると食べるために釣りに行くのも有りですね!

釣行データ

釣行日

2016年8月27日

釣行場所

徳島県南部

天気

くもり

今回のタックルセッティング

ライン/ ダイワ「テンカラ レベルライン」

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト