陸から青物!「ショアプラッギング」のやり方徹底解説

タグ: / / / / / / / / / /
2016年11月08日 (最終更新日:2018年03月10日)

目次

  1. ショアプラッギングの概要
  2. ショアプラッギング用のロッドの選び方
  3. ショアプラッギング用のリールとラインの選び方
  4. ショアプラッギング用のルアーの選び方
  5. ショアプラッギングで持っておきたい必携アイテム

ショアプラッギング用ルアーの解説

ショアプラッギングで使用するルアー

ショアプラッギングは基本的にダイビングペンシルをメインとする釣りだが、ポッパーやシンキングペンシルなどをルアーローテーションに加えるとさらに深みのある釣りになる。

ダイビングペンシルについて

全国各地の多くのフィールドで使用されるのは、150mm前後50g程度のダイビングペンシルであり、これはオフショアでの青物狙いで用いられるものと同じだ。

大型青物が頻繁に顔を見せるような海域では180mm前後80g程度のダイビングペンシルの使用も考えられる。

操作方法としてはラインスラッグを水面に作り、大きくジャークのアクションを加えて、水中にルアーを潜らせるといった一連の動作を繰り返し行う。

この際に、ダイビングペンシルが水中に潜らずに水面を走るようだとアクション失敗となるので注意しよう。

慣れるまでに時間がかかるので、思い通りのアクションができるようになるまで近場の釣り場などを利用して練習することをおすすめする。

ポッパーについて

ダイビングペンシルが水面直下のルアーなのに対して、ポッパーは水面を走るルアーだ。

ヘッド部分についているカップが水を噛むことにより、スプラッシュ音と共に大きな気泡を出すことで魚を誘う。

ベイトとなる小魚が表層に浮いている時、ナブラが立っている時などにおすすめだ。

シンキングペンシルについて

シンキングペンシルが活躍する状況としては下記のようなシチュエーションがあげられる。

  • 魚はいるのに、ルアーを見切られて食わせきれない
  • ベイトサイズが小さく、大型のルアーには反応しない
  • 水面下に潜ってしまったため、表層への意識が薄い

こういった状況では集魚力はないものの、確実に食わせることができるシンキングペンシルが活躍する。

ダイビングペンシルやポッパーを用いた釣りに比べると迫力は落ちるものの、タックルボックスにひとつは忍ばせておきたいルアーだ。

【次ページ:ショアプラッギング必携アイテム】

タグ: