陸から青物!「ショアプラッギング」のやり方徹底解説

タグ: / / / / / / / / / /
2016年11月08日 (最終更新日:2018年03月10日)

目次

  1. ショアプラッギングの概要
  2. ショアプラッギング用のロッドの選び方
  3. ショアプラッギング用のリールとラインの選び方
  4. ショアプラッギング用のルアーの選び方
  5. ショアプラッギングで持っておきたい必携アイテム

ショアプラッギング用リールとラインに関して

使用するリールとラインに求められる性能

堤防や磯などの陸っぱりから青物を狙う際には十分にパワーのあるリールと、強度の高いラインが必要になる。

特に磯などは根ズレで切られてしまうケースが非常に多いため、リーダーはかなり太めのものを使うようにしたい。

使用するリールの番手は

5kg程度の青物を狙う際には、シマノ[SHIMANO]なら6000番〜8000番、ダイワ[DAIWA]なら4000番〜4500番のリールがおすすめだ。

大型スピニングリールの中でも剛性が高く、パワーのあるものを選ぶようにしよう。

また、魚に見切られないように素早くルアーをアクションさせるために、ハイギアタイプのものをおすすめする

ハイギアタイプのリールの方がルアーの回収の際などに素早く回収できるため、手返し良く釣りをすることができる。

使用するメインラインは

メインラインにはPEラインの3号〜4号を300m程度巻くことをおすすめする。使用するリールのキャパシティに合わせて選択しよう。

リールに200mしか巻かれていない場合、高切れなどでラインが少なくなった状態で大物が掛かって走られてしまうと、ラインが足りなくなってしまうことがある。

一生に一度かかるかどうかの大物が掛かった際のことまで想定した上で準備をしておくと、後悔することはないだろう。

使用するリーダーは

トップウォーター用ルアーであるダイビングペンシルをメインに用いるため、フロロカーボンよりも比重の軽いナイロンラインを使用するのがよい

そのポイントのアベレージサイズにもよるが、防波堤など瀬に潜られる心配が無い場所では40lb〜60lb、磯などの根ズレが心配な場所では80lb〜130lb程度のラインを2ヒロ程度とっておくことをおすすめする。

ナイロンラインはフロロカーボンに比べて耐摩耗性が低いので、瀬ズレでラインブレイクしてしまうことがないように少し太めのラインセッティングをしておくと安心してやり取りができる。

【次ページ:ショアプラッギング用ルアーの選び方】

タグ: