陸から青物!「ショアプラッギング」のやり方徹底解説

タグ: / / / / / / / / / /
2016年11月08日 (最終更新日:2018年03月10日)

目次

  1. ショアプラッギングの概要
  2. ショアプラッギング用のロッドの選び方
  3. ショアプラッギング用のリールとラインの選び方
  4. ショアプラッギング用のルアーの選び方
  5. ショアプラッギングで持っておきたい必携アイテム

ショアプラッギング用ロッドの特徴

一般的なショアプラッギング用ロッド

大型青物と1対1で戦うためには、ヘビーなロッドが求められる。加えて1日中振り続けられるような軽快さも必要だ。

ショアプラッギング用のロッドで最も重視したいのは、ルアーの繊細なアクションを実現する操作性と、磯際の攻防を制すためのある程度の長さだ。

青物、特にヒラマサやカンパチはランディング直前に足元の根に突っ込むため、かなり太いラインを使用していても簡単にラインブレイクしてしまうケースが多い。よって、10フィート台前半のものが最もオーソドックスで扱いやすいと言える。

ロッドの硬さに関しては使用するルアーによって異なる。

15cm前後のダイビングペンシルを用いる場合は、プラグMAX60g程度のロッドを、18cm前後までのダイビングペンシルを使用する場合は、プラグMAX80g程度のロッドを選択するようにしよう。

求められる性能について

数あるルアーの中でも、ダイビングペンシルは比較的扱いにくいルアーのひとつ。

アクションさせる際にはある程度ラインスラッグを出し、そのラインスラッグを上手く利用しながらダイブさせる必要がある。

そのため、他のルアーよりも複雑な操作が必要な分、自分の思った通りのアクションを演出できた時の喜びも大きい。

ルアーを正確に動かすためには、ロッドのティップ部分にはしなやかさが求められる。ダイビングペンシルはただ巻きではアクションしないので、要注意だ。

また、5kg、10kgといった大型の青物が不意にかかるケースも少なくないので、ロッドのガイドも強靭なものが要求される。ダブルフットタイプのガイドを搭載している機種が安心だ。

【次ページ:青物ショアプラッギング用のリールとラインの選び方】

タグ: