テーマ別

トップページ>ショアジギング>陸から青物!「ショアプラッキング」のやり方徹底解説

csgv3b7viaar4yb

14925アクセス 2016年11月08日

陸から青物!「ショアプラッキング」のやり方徹底解説

csgv3b7viaar4yb

強烈な引きとともに、食味も抜群で多くのアングラーを魅了する人気ターゲット「青物」。青物といえば船からのイメージが強いが、接岸するタイミングであれば岸からでも狙うことができる。

今回はそんな青物を岸から「プラグ」で狙う、「ショアプラッキング」の釣り方について徹底解説する。

目次

  1. ショアプラッキングの概要
  2. ショアプラッキング用のロッドの選び方
  3. ショアプラッキング用のリールとラインの選び方
  4. ショアプラッキング用のルアーの選び方
  5. ショアプラッキングで持っておきたい必携アイテム

ショアプラッキングの概要

ショアプラッキングについて

ショアプラッキングとはダイビングペンシル、ポッパーをメインにトップウォーターで中〜大型の青物を狙う釣り方だ。シャローエリアに差してきて表層への意識が高い魚は大型のものが多く、それゆえにタックルもヘビーなものが要求される。

この釣りの最大の魅力は、水面を割って水柱を立てるような激しいバイトが得られるところだ。また、魚が後方からルアーを追尾するチェイスは迫力満点。アングラーはその瞬間が脳裏に焼き付き、夢にまで見てしまうほどだ。

ショアプラッキングができるポイント

ショアから大型の青物が狙えるポイントは全国でも数少ない。求められる条件としては

  • 外洋に面しており、潮通しがよく潮の流れが速い
  • 十分な水深がある
  • ベイトとなる小魚が接岸しやすいような地形
  • 足場から海面までの距離が高すぎない

ことが挙げられる。防波堤でも青物が回遊してくるポイントは存在するが、基本的には磯場からの釣りになる。また、足場の悪いポイントではランディングにも気を使う必要がある。ランディングネット、もしくはギャフを携帯しておこう。

ケイエス企画

参考価格 : 1620円

地合いに関して

青物は一般的に朝方、日が昇ってからシャローエリアにベイトを求めて差してくるため、朝マズメが最大のチャンスとなる。

地域にもよるが、日が昇ってから、午前10時頃までが最も青物の活性が高い時間帯だ。この時間は外さないようにしよう。

枝本 博人

参考価格 : 2000円

装備に関して

磯場での釣りがメインとなるこの釣りにおいては、十分に安全な装備をしなければならない。ライフジャケットの装着はもちろんのこと、グローブとスパイクシューズの着用も必須だ。

また、偏光グラスがあると海面の状況が把握しやすく青物のチェイスを見ることができるため、着用することをおすすめする。

【次ページ:ショアプラッキング用のロッドの選び方】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト