テーマ別

トップページ>料理>自慢の魚料理で頂点を狙え!「第17回シーフード料理コンクール」が開催中

mainimage04

968アクセス 2016年08月27日

自慢の魚料理で頂点を狙え!「第17回シーフード料理コンクール」が開催中

mainimage04

出典:シーフードセンター

全国漁業協同組合連合会(中央シーフードセンター)が主催する「第17回シーフード料理コンクール」が開催中だ。釣った魚のアレンジ料理に自信があるアングラーは是非挑戦してみてほしい。

「第17回シーフード料理コンクール」開催中

「シーフード料理コンクール」では、新鮮な感性と豊かなアイディアを活かしたオリジナルレシピを広く募集し、食生活において、より身近に、魚介藻料理を作り、楽しみ、また優秀作品を広くPRすることで、魚料理の良さを再発見するのが狙いである。

開催概要

部門及び部門別テーマ

1.プロを目指す学生部門

調理師専門学校・高等学校調理科・栄養専門学校・短大・大学で専門的に調理・栄養を勉強している学生、および将来食のプロを目指している同類の学生、漁業関係推薦の同学生が対象。

テーマ

「私のお店で出したいお魚の一汁一丼」

2.お魚料理チャレンジ部門

1の部門以外の学生(小・中・高・大・専門学生等)、一般の人(プロアマ問わず)。および漁業関係推薦の人

テーマ

「おうちで食べたいお魚の一汁一丼」

応募条件

材料

丼、汁ともに国産魚介藻類(魚、貝、海藻)を主材料とし、野菜も使用する。

材料費

4,000円以内(4人分)

調理時間

40分以内 ※下ごしらえの時間を含む(炊飯器での調理時間は除く)

応募方法

専用の用紙に必要事項を記入、料理の写真を同封の上、郵送。

応募はコチラから

応募締め切り

2016年9月28日(水) 当日必着

各賞

農林水産大臣賞+副賞/ 水産庁長官賞+副賞 / 大日本水産会会長賞+副賞 / 日本放送協会会長賞+副賞 ほか各賞

過去の受賞作品

過去の受賞作品はコチラから

料理に自信のあるアングラーは挑戦してみよう

全国漁業協同組合連合会が主催のこのコンクール。後援にも農林水産省やNHKなど、そうそうたる面々が名前を連ねている。独自のレシピを持っている、魚料理には自信がある、といったアングラーは是非挑戦してみよう。なお、詳しい応募要項や注意事項は公式サイトでチェックするようにしよう。

第17回シーフード料理コンクール

関連商品

野本やすゆき

参考価格 : 未定円

投稿ナビゲーション

関連記事

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト