テーマ別

トップページ>ロックフィッシュ>アングラーズリパブリックの「ラークシューター」のキジハタ専用モデルを使用して高木勇介氏が鹿児島のロックフィッシュを攻略

スクリーンショット 2016-08-25 15.02.08

4037アクセス 2016年08月27日

アングラーズリパブリックの「ラークシューター」のキジハタ専用モデルを使用して高木勇介氏が鹿児島のロックフィッシュを攻略

スクリーンショット 2016-08-25 15.02.08

出典:鹿児島ロックフィッシュゲーム – YouTube

アングラーズリパブリック[Angler’sRepublic]の「ラークシューター」のキジハタ専用モデルを使用して高木勇介氏が鹿児島のロックフィッシュを攻略する映像が公開された。2016年の新作2機種を使用して磯からハタを攻略する。

「ラークシューター」で磯のキジハタを攻略

鹿児島のゴロタ&磯でハタをメインターゲットとしたロックフィッシュを狙っているこの映像。使用しているのは同社の「ラークシューター」のキジハタ専用モデルで、スピニングモデルとベイトモデルを使用、その使い分けや、磯でのロックフィッシュの狙い方を解説している。

磯のロックフィッシュ狙いでは強めのロッドを選ぼう

磯でのロックフィッシュ狙いではラインが擦れる可能性が高いため、必然的に太いラインの使用が前提となり、それを扱うロッドも当然強めのものになる。だが、ただ強いだけのロッドではロックフィッシュのアタリを弾いてしまうため、「ラークシューター」のような繊細なティップを搭載しているものがよい。最適なタックルを揃えて、磯のロックフィッシュゲームを楽しもう。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト