テーマ別

トップページ>その他>桜が咲く頃がチャンス!おすすめのサクラマス用ミノー5選

アクセス 2017年03月22日

桜が咲く頃がチャンス!おすすめのサクラマス用ミノー5選

出典:サクラマス – WikipediaCC BY 3.0

トラウトを狙う多くのアングラーにとって憧れの魚であるサクラマス。今回はそんなサクラマスを狙うためのルアーを紹介しよう。

基本的にはミノートゥイッチがメインとなるこの釣りだが、バイブレーションなどを織り交ぜることもある。

また、渓流での釣りは危険やルールが非常に多い渓流釣りを始める前にこちらの記事を読んでおくようにしよう。

【入門者必読】ルールを守って楽しもう!渓流釣りの危険性と、必要装備、マナーまとめ

おすすめのサクラマス用ミノー5選

DUO「スピアヘッド・リュウキ 80S」

固定重心ボディながらも圧倒的な飛距離を稼ぐことができるミノーだ。中・大河川でのダウンクロスでの使用を前提として開発されたモデルであり、水噛みがよく早い流れの中でも高いパフォーマンスを演じる。

コストパフォーマンスにも優れており、筆者おすすめのミノーだ。

SMITH「D-CONTACT 85」

渓流用ヘビーシンキングミノーのパイオニア的存在である「D-CONTACT」のシリーズだ。アクションごとの間に存在するユラっと流れるような微速領域に移行する「慣性スライド」によりバイトを誘発する。

また、極薄ボディにより、空気を切り裂くようなキャストを体感できる。

ima「Farina 70S」

本流の瀬についたサクラマスを狙うために開発されたミノーだ。サクラマスに加え、サツキマスをも視野に入れている。自重は決して重くないものの、トゥイッチを加えた際に水面から飛び出すことなく水を噛む性能は秀逸だ。

SMITH「チェリーブラッド LL70S」

ランドロック系のサクラマスに照準を当てたのがこの「チェリーブラッド LL70S」だ。上記3種類のミノーと異なり、リップレスである点が最大の特徴だ。リトリーブの釣りではローリングアクションを主体とし、フォール時には水平姿勢を保ちながらキラキラと乱反射を演出するため、弱った小魚に見せることができる。フォールスピードが遅いために、ブレイク際を丁寧に探ることができるのも魅力的だ。

BASSDAY「ORC レンジバイブ 70ES」

シーバスを始めとして数々のフィッシュイーターに効果的なバイブレーションだ。通常の「レンジバイブ 70ES」をトラウト用カラーにチューニングしたのがこのモデルとなる。

水深のある淵を攻める場合、広大な湖を手返しよく攻めるときなどに有効だ。サクラマス狙いではミノーが中心となるが、タックルボックスに1つバイブレーションを入れておくと引き出しを増やすことができる。

桜が咲く頃がチャンス!

一般的に桜が咲く頃に海から川に帰ってくると言われているサクラマス(サクラマスは、海に下ったヤマメのこと)は、幻の高級魚と言われておりその食味も抜群だ。

全長も60cmほどにまで成長するため、豪快なファイトが楽しめる。本投稿で紹介したルアーを使って、幻の高級魚を狙ってみてはいかがだろう。

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー