トップページ>その他>釣種別に紹介! おすすめのソルトウォーター用PEライン5選

釣種別に紹介! おすすめのソルトウォーター用PEライン5選

タグ: / / /

アクセス 2017年11月21日

ソルトウォーターゲームで今や最も使用頻度の高いラインといっても過言ではない「PEライン」。

それぞれの釣りに特化した製品が多数リリースされており、ロッドやリール、ルアーと同じように選択に悩むことも多いだろう。

今回はそんなPEラインの中から、特にソルトゲームにおすすめの製品をジャンル別に紹介していく。

目次

  1. PEラインはどんなライン?
  2. PEラインのメリット、デメリット
  3. シーバスにおすすめのPEライン5選
  4. エギングにおすすめのPEライン5選
  5. ジギング、プラッギングにおすすめのPEライン5選
  6. ライトゲームにおすすめのPEライン5選
  7. ロックフィッシュにおすすめのPEライン5選
  8. タイラバにおすすめのPEライン5選
  9. あると役立つPEライン関連グッズ5選

PEラインはどんなライン?

極細繊維を編み込んだライン

「PE」とは「ポリエチレン(Polyethylene)」の略であり、ポリエチレン素材の細い原糸を編み込むことで作られるラインだ。

一方で、ナイロンラインやフロロカーボンラインは編み込まれておらず、単線のラインである。

他のラインと比べると比較的新しいラインで、以前まではナイロンライン等の使用が主流であった釣りでも近年になってPEラインへ置き換わったものも多い。

4本撚りと8本撚りが一般的

PEラインが極細繊維を編み込んだラインであることは先に述べたが、その編み込む本数は4本もしくは8本のものが殆どだ。

中には6本や12本撚りの製品もある。

編み込む本数が多いものの方が一般に直線強度が高く、表面が滑らかである

また、編み込む本数が多くなるほど価格も高くなっていく。

コーティングが施されたものも

PEラインのデメリットを補ったり、ハリ、コシを保つために表面にコーティングが施されている製品も多い。

コーティング無しに比べて表面が滑らかで、耐摩耗性に優れているのが特徴だ。

ただ、このコーティングも次第に落ちていくため注意が必要であえる。

ソルトルアーゲームでは使用頻度が最も高い

シーバスやエギング、ショアジギングなどのソルトルアーゲームでは、現在PEラインが広く使用されている。

その理由としては、ナイロンライン等に比べより細いラインで強い強度があり、飛距離を出せる上に感度もよいというメリットがあるからだ。

ソルトゲームではとにかくルアーを遠くへ飛ばし、着水した直後からルアーの挙動や魚からの反応を感じる必要があるため、PEラインが必要であったといっても過言ではないだろう。

このような特性を持つPEラインの登場によって、ルアーゲームは大きく進化した。

【次ページ:PEラインのメリット、デメリット】

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト