トップページ>その他>連載:初心者のための「チニング」の始め方【第2回 チニング用ロッドの選び方】

連載:初心者のための「チニング」の始め方【第2回 チニング用ロッドの選び方】

IMG_1703

ルアーでクロダイを狙うチニング。第1回目となる前回は「チニング」の概要に関して説明したが、第2回目となる今回は「チニング用ロッド」の選び方について解説する。

これからチニングを始めようとするアングラーにはぜひ参考にしてもらいたい。

チニング用ロッドの特徴

一般的なチニングロッド

チニング用ロッドは7フィート台後半のものが多い。これは取り回しを良くするためでもあり、ルアーに対して適切なアクションを加えるために必要十分な長さだからである。

イメージとしては硬めのメバル用ロッドとライトなシーバス用ロッドの中間といったところだろうか。

主にポッパーを用いたトップウォーターでの釣りになるため、ポッパーを動かすのに十分な張りがあると同時に、バイトを弾かないティップの繊細さとしなやかさも必要になってくる。

加えて、50cmを超える大型の個体がヒットすることも稀ではないため、十分なバットパワーも必要だ。

ベイトタックルの使用に関して

チニング用タックルにはベイトタックルも存在する。

ベイトタックルは、

  • 手返しが良いため素早くポイントをサーチすることが可能である
  • ルアーの操作性が得やすい

といったメリットもある一方で

  • 0.6号前後の細いPEラインをメインラインとして使用することが多いため、バックラッシュが起きやすい
  • スピニングタックルに比べて飛距離が稼げない

などといったデメリットも存在する。

初めてチニングに挑戦しようというアングラーには、扱いやすいスピニングタックルの使用をおすすめする。

第3回はリールとラインの選び方について

第3回目となる次回は、リールとラインの選び方について解説する。

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト