テーマ別

トップページ>ブラックバス>ゲーリーヤマモトの新作i字系ワーム「ディッシュワーム」を開発者の青木大介氏が徹底解説

スクリーンショット 2016-08-19 17.41.34

3065アクセス 2016年08月19日

ゲーリーヤマモトの新作i字系ワーム「ディッシュワーム」を開発者の青木大介氏が徹底解説

スクリーンショット 2016-08-19 17.41.34

出典:3″D-SHU WORM ~解説・青木大介~ – YouTube

ゲーリーヤマモト[GaryYAMAMOTO]の新作i字系ワーム「ディッシュワーム」を開発者の青木大介氏が徹底解説する映像が公開された。映像では「ディッシュワーム」の特徴や使い方、フックセッティング、カラーセレクトなどについて説明している。

青木大介氏が「ディッシュワーム」の使い方を徹底解説

今年の6月の発売以降、全国各地で好釣果を上げている「ディッシュワーム」。i字系としてノーシンカーで水面直下を引いてくる釣りを前提に作られており、波動を抑えたノーアクションがスレたバスに口を使わせる。また、セットするフックによってもアクションが変わり、ゲイプゲイプ幅が広いタイプのオフセットフックを使用するとノーアクション、ゲイプ幅が狭いフックを使用すると横にゆらめくようなアクションを演出可能だ。

バスがスレているフィールドで使ってみよう

基本的に「ノーアクション」が売りのこのワーム。アングラーが賑わう一級ポイントや、バスの警戒心が高い水質がクリアなフィールドで非常に有効だ。サイトフィッシングなどで特に活躍するであろうこのワーム、バッグにひとつ忍ばせておいてはどうだろうか。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト