テーマ別

トップページ>その他>ダイワからメタルジグに反応しないヒラメに有効な高比重ミノー「フラットジャンキー サーフハリケーン 90S」が登場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10412アクセス 2016年08月21日

ダイワからメタルジグに反応しないヒラメに有効な高比重ミノー「フラットジャンキー サーフハリケーン 90S」が登場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:DAIWA : フラットジャンキー サーフハリケーン 90S – Web site

ダイワ[DAIWA]からメタルジグに反応しないヒラメに有効な高比重ミノー「フラットジャンキー サーフハリケーン 90S」が登場した。同社のテストでは驚愕の78.5mの飛距離を叩きだした、サーフでの遠投に適したモデルだ。

「フラットジャンキー サーフハリケーン 90S」の特徴

flatjunkie_surfhurricane_cut_1

出典:DAIWA : フラットジャンキー サーフハリケーン 90S – Web site

完全固定低重心ウエイト設計の30g高比重バレット(弾丸)シェイプボディにより、驚きの飛距離78.5m(当社テスト)を叩き出したフラットジャンキーの主砲となるヘビーシンキングミノー。アクションは新形状の広角リップによるヒラメの好む強波動ウォブリング&イレギュラースライドチドリアクションに調整してあり、もちろんヘビーシンキングミノーとしてのレンジキープ力も秀逸だ。朝夕マズメのローライトな時間帯や濁りの強い時などヒラメの視認性が低下する時間帯は、強波動ウォブリングアクションによりヒラメの側線に強烈アピール、さらに時折入るチドリアクションが自動的に食わせの間を演出。タダ巻きするだけで広範囲を効率よく探ることができるルアーに仕上がっている。

またテンションフォールでは、ヒラメが思わず反応してしまう後傾姿勢の強烈ローリングフォールを発生させ、キャストボトム着底までのバイトチャンスを逃さない。タダ巻きでアタリが無ければ、ワームのようなリフト&フォールで狙うことで、水温低下などによる食い渋りヒラメはもとより、叩かれまくった後のスレたヒラメも思わず飛びつく。

「フラットジャンキー サーフハリケーン 90S」のスペック

全長(mm) 重量(g) タイプ 価格(税別)
90 30 シンキング 1,800

「フラットジャンキー サーフハリケーン 90S」の発売日

2016年9月発売予定

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト