テーマ別

トップページ>シーバス>シマノから初の30cmズームを搭載したシーバスロッド「NEW エクスセンス S1010-1110M/RF-T」が登場

名称未設定

6143アクセス 2016年08月17日

シマノから初の30cmズームを搭載したシーバスロッド「NEW エクスセンス S1010-1110M/RF-T」が登場

名称未設定

出典:NEW エクスセンス[EXSENCE]|ソルトウォーターロッド|ロッド|製品情報|シマノ -SHIMANO-

シマノ[SHIMANO]から初の30cmズームを搭載したシーバスロッド「NEW エクスセンス S1010-1110M/RF-T」が登場した。ズームイン、ズームアップを使い分けることにより、操作性と飛距離を両立することに成功している。

「NEW エクスセンス」の特徴

フィールドの現実を追及して生まれたエクスセンスシリーズは、それぞれが戦闘能力の高い個性派集団。現場での必要性から独自設計を施されたロッドたちは、時の流れとともにテクノロジーの進化を享受し、常に進化を遂げている。

ブランクスにはキャスト時やファイト時に発生するネジレを抑え込む同社独自の強化構造「ハイパワーX」と、縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にし、強さと軽量化を実現した「スパイラルX」を搭載しており、各モデルが狙うエリアや個体、状況ごとにマッチする特化型のロッドとして仕上がっている。

「NEW エクスセンス S1010-1110M/RF-T」の特徴

オープンエリアの港湾部デイゲームをメインフィールドとし、シーバスとのファイトを力と力で引っ張り合うのではなく、ロッドのしなやかさでシーバスを暴れさせないでキャッチする。柔よく剛を制すロッド「S1010-1110M/RF-T Fighting Absorber」。シーバスのバラシを極限まで減らすことをめざし、シーバスの引きを吸収する高次元のサスペンション効果を求めた軟調ロングロッド設定だ。同社のシーバスロッドとして初の30cmズームを搭載しており、ズームインした10フィート10インチのレングスは足場の低いフィールドや操作性を求めるシーンに対応、ズームアップした11フィート10インチのレングスは足場の高いフィールドや飛距離を求めるシーンで活躍する。足元際のファイトではレングスを伸ばしてシーバスをストラクチャーから引きはがすなど、状況や変化に応じて1本のロッドを多彩に変貌させることができる。

「NEW エクスセンス S1010-1110M/RF-T」のスペック

全長(m) 自重(g) 継数(本) 適合ルアーウエイト(g) 価格(税別)
3.61 146 4 3-32 65,500

「NEW エクスセンス S1010-1110M/RF-T」の発売日

2016年9月発売予定

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト