テーマ別

トップページ>シーバス>広範囲を攻めよう!おすすめのジグミノー5選

14442079722_53cb2c604e_z-1

12982アクセス 2016年08月25日

広範囲を攻めよう!おすすめのジグミノー5選

14442079722_53cb2c604e_z-1

出典:本日の釣果:イナダというかワカシと呼ぶのも憚れるモノw | Flickr – Photo Sharing!(CC BY 2.0)

メタルジグでは飛距離は稼げるが、レンジキープが困難で思い通りのアクションが出せない。かといって、泳ぎのいい通常のミノーでは狙ったポイントまで届かない。そんな時に有効になってくるのが「ジグミノー」だ。今回はジグミノーをあまり使用したことがないアングラーにオススメのものを紹介する。

おすすめのジグミノー5選

ジップベイツ「ザブラモンスーンブレイカー」

「モンスーンブレイカー」という名前の通り、強烈な季節風が吹き付けるような状況下でも飛距離を稼ぐことができるルアー。スイミングのアクションは極めてミノーに近く、またフォール時には食わせの間を演出するバイブレーションのようなアクションをする。また、貫通ワイヤー構造を採用しているため、大物が掛かっても安心してやり取りすることができる。総合的に高い性能を誇り、筆者おすすめのジグミノーだ。

スミス「サージャー」

水平方向に引いてもよし、垂直方向に落としてもよしのジグミノー。フォール時には水平姿勢を保ったままユラユラと沈降しながらバイブレーションをする、その様子はまるで弱った小魚そのものである。ラインアイを中心に左右分配することにより、スイミング時にローリングアクションをとるのが特徴的だ。

ティムコ「ディスタンスヴィクセン」

海サクラマス、海アメマスといったトラウト用に設計されたジグミノー。もちろん、シーバスやヒラメ、青物といったターゲットにも対応している。トラウト類が好むローリングアクションを主体としており、フォール時には左右にロールしながら沈み、スローリトリーブ時にはリア部分を下げた状態でユラユラとアピールする。様々なシチュエーションで活躍できるマルチなジグミノーだ。

シマノ「カーディフ モンスターリミテッド ウインドリップ

こちらも上記の「ディスタンスヴィクセン」と同様に、海サクラマス、海アメマスといったトラウト用に設計されたジグミノーだが、他のフィッシュイーターにも有効だ。シマノ独自の技術である「AR-CVR」システムを採用することで、低重心化を実現し、ただ飛ぶだけでなくしっかりとしたスイムアクションを演出する。リア部分にはオリジナルのシングルフックが2本付いているため、購入してからすぐに使用することができる。

アイマ「ロケットベイト 95」

シャローエリアを飛距離のあるルアーでスローに攻めたい。そんな願いを叶えたのがこの「ロケットベイト 95」だ。ジグミノーでありながらリップつきという点が、シャローエリアをスローに引くことに貢献している。ローリングアクションを主体とし、活性の高いシーバスにアピールする。ジグミノーとプラグの良い部分を兼ね備えた新しいタイプのルアーだと言える。

使用する状況を見極めよう

狙いたいポイントは沖目で遠いけれど、水深のそれほどあるエリアではない遠浅のサーフや、シャローエリアが続く大河川などで活躍するジグミノー。また、風が強い、もしくは海が荒れていて波が高く、通常のプラグでは水を噛まないようなシチュエーションにおいても非常に有効だ。タフなコンディションの時に活躍するケースが多く、タックルボックスに1つ忍ばせておくとルアー選択の幅が広がることは間違いない。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト