トップページ>ショアジギング>水面まで誘い出せ!実績バツグンのおすすめ青物用ポッパー5選

水面まで誘い出せ!実績バツグンのおすすめ青物用ポッパー5選

タグ: / /
アクセス 2016年08月15日

青物を狙った釣りといえば、メタルジグを使用したジギングや大型のペンシルベイトを使用したトップウォーターゲームを思い浮かべる人が多いだろう。

今回はそのどちらでもない、ペンシルベイトと対をなす存在である「青物用ポッパー」を紹介する。

おすすめの青物用ポッパー5選

タックルハウス「フィード・ポッパー」

青物用ポッパーを語る上で欠かせないのがこの「フィード・ポッパー」だ。

軽いジャークアクションでも大きなスプラッシュ音を出すことができ、飛距離が稼げる上に誰でも容易に扱うことができる。

青物だけでなく、シイラやヒラスズキといったターゲットにも有効なので、ぜひ一度使ってみてほしい。

筆者一押しの青物用ポッパーだ。

シマノ「オシア スポウター」

ポッピングのアクションだけでなく、ジャークやストレートリトリーブにも対応する万能型のポッパー。

カップ部分の吸水口に入った水がボディの内部で空気と混ざり合い、泡となって背面の噴出口から吹き出るといった新機構を採用している

魚が釣れていなくても、操っているだけで楽しいと感じる操作感は使ってみないとわからないだろう。

重心が固定されているタイプでありながら、安定した飛行姿勢を保つことができる点も魅力的だ。

デュオ「ペンシルポッパー 110」

青物だけでなく、シーバス等の大型フィッシュイーターにも有効なポッパーだ。

飛行姿勢にブレがなく空気抵抗を受けにくいボディ形状のため、110mmという大きさにして驚異的な飛距離を誇る。

テールエンドにウエイトを配置したことにより、かんたんにキレのある首振りアクションを演出できるのも嬉しい。

逆風下でも安心して使えるだけに、タックルボックスにひとつは忍ばせておきたいルアーのひとつ。

マリア「ポップクイーン」

スプラッシュ、ダイブ、ウォーキングといったソルト用ポッパーに必要な要素を全て詰め込んだのがこの「ポップクイーン」だ。

アピール力に優れており、遠くから魚を寄せ付けることができる。また、様々なサイズバリエーションがあるので狙う魚ごとに最適なサイズをチョイスすることができる。

50mm、80mmはシーバスやチヌに、105mm、130mm、160mmは青物やシイラ、ヒラスズキに効果的だ。

スミス「A CUP」

「A CUP」はスミス[SMITH]がハンマーヘッド社とのコラボレーションにより発売したポッパーだ。

ウッド素材で作られているため、樹脂製のポッパーよりも水噛みの良さが際立つ。

「音で食わせる」ハードジャーク、「音で誘い、動きで食わせる」ソフト&ショートジャーク、「強力な水押しと動きで食わせる」スイープロングジャークといった3種類の誘い方が可能だ。

強いスプラッシュ音で青物を誘い出そう

青物のトップゲームではダイビングペンシルが使用されるケースが多いが、ポッパーの存在も見逃せない。

数あるルアーの中でもポッパーほど使っていて楽しいルアーはないだろう。

派手なアクションにより、表層または水面下に意識のあるターゲットには非常に効果的だ。

まだ使用したことがない人はぜひ本記事を参考にしてほしい。

関連記事

ダイビングペンシルだけじゃない!青物用ポッパーの使い方と有効性

安いルアーにしか食わないことも!?青物用ルアーの使い分けを素材別に解説

陸から青物!「ショアプラッギング」のやり方徹底解説

[まるりんさんからの寄稿] 食わず嫌いだったルアー「ラッキー13」が教えてくれたこと

専用タックルで挑もう! おすすめの磯ヒラスズキ用タックルと必要な装備まとめ

タグ: / /