テーマ別

トップページ>シーバス>タックルハウスの青物用リップレスミノー「TKR130H」に待望のシーバスカラーが追加

名称未設定 1のコピー

1681アクセス 2016年08月15日

タックルハウスの青物用リップレスミノー「TKR130H」に待望のシーバスカラーが追加

名称未設定 1のコピー
タックルハウス[TACKLE HOUSE]の青物リップレスミノー「TKR130H」に待望のシーバスカラーが追加された。大型のリバーシーバス狙いの秘密兵器として使用されていた同ルアー。シーバスカラーの登場を待ち望んでいたアングラーも少なくはないだろう。

「TKR130H」の特徴

「TKR130H」は同社のルアーで初めてR-Unitを搭載したルアー。初代R-Unitは、おむすび型をしたウェイトの上部に軸を通した回転型のウェイトシステムで、「TKR130H」に水面とほぼ平行にスライドダートをする性質を与えている。深度変化の少ないダートアクションは、疑い深い大型のシイラや青物に効果的な他、シャローエリアでも積極的にロッドアクションを加えることが可能だ。

「TKR130H」の解説動画

ボディ内部に回転型のウエイトが搭載されている「TKR130H」。そのウエイトが速度域によりボディの揺れを増幅し、時に抑制してくれることで一般的なルアーとの泳ぎとは一線を画すアクションを生み出してくれる。

「TKR130H」に今回追加されたシーバスカラー

名称未設定 2のコピー
今回追加されたのはこの5色。「TKR130H」の定番色には、どちらかというと青物、磯スズキに寄せたカラーラインナップが展開されているが、リバーシーバスでも使い易いという報告が年々増えてきている。 特に浅い急流域のあるダウンストリームで引くには最適で、増水時の河川や大河川での下げ潮のタイミングなど、通常のミノーでは歯が立たないような状況でもボディ全体で程よく水を掴み、水面直下を軽快に泳いでくれる。今回、リバーシーバスで秘密兵器として使用しているアングラーの要望に応えたのがこの「シーバスカラー」だ。

「TKR130H シーバスカラー」のスペック

サイズ(mm) 自重(g) 価格(税別)
130 33 2,400

「TKR130H シーバスカラー」の発売日

2016年8月中旬予定

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト