テーマ別

トップページ>オフショア(船釣り)>本格派におすすめ!タチウオジギング専用ロッド5選!

3959444076_23e7022bf8_b-1-720x540

5094アクセス 2016年08月12日

本格派におすすめ!タチウオジギング専用ロッド5選!

3959444076_23e7022bf8_b-1-720x540

出典:海タチウオ | Flickr – Photo Sharing!CC BY-SA 2.0

近年、タックルの進化とともに人気急上昇中のタチウオジギング。ベテランアングラーのみならず、初心者でも気軽に釣れることからその人気は高まっている。今回はタチウオを本格的に狙いたい人におすすめの、専用ロッドを紹介する。

おすすめのタチウオジギング用ロッド5選

ヤマガブランクス「SeaWalk Sabeling」

快適にメタルジグを操作することを目的として設計されたモデル。適度な張りがあるため、ジグを自由自在に操ることができる。タチウオジギングを存分に楽しむためのスペックを備えたバランスの良いロッドだ。どのロッドを購入するか悩んでいるアングラーには最初の一本としておすすめのロッドだ。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.3 119 MAX100 MAX1.0 25,500

メジャークラフト「NP-JARK TACHIUO JIGGING」

最新のテクノロジーである「ナノパワー」を搭載したロッド。独自のテクノロジーである「マイクロピッチクロスフォース」も同時に搭載することによって、ハイブリッドなブランクスを実現した。これらの性能のため、抜群の粘りと強度を両立させることを可能にした。不意にやってくる大物にも対応しており、安心してやりとりをすることができる。実売価格が2万円を切っているところも嬉しい。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.3 不明 60-150 0.6-1.5 22,500

 

ジャッカル「ANCHOVY DRIVER」

同社から発売されている「アンチョビミサイル」を快適に扱うために開発されたロッド。従来のタチウオジギング用ロッドでは演出できなかった「アンチョビミサイル」の細かなダートアクションを演出することが可能になった。もちろん、通常のメタルジグも扱うことができるため、汎用性も兼ね備えているロッドとなっている。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.6 不明 MAX 200 0.6-1.5 27,000

アングラーズリパブリック「METAL WITCH」

ブランクスのカーボンシートがx状に巻かれているため、細いブランクスながらも十分なパワーを獲得したこのモデル。デザイン性にも優れた仕上がりとなっている。ジギングの基本的な誘いであるワンピッチジャークを軽快に行うことができるロッドであり、メタルジグを快適に扱える。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.3 147 80-200 0.8-2.0 23,300

ダイワ「ソルティスト TG」

ベイエリアで釣れる可能性のあるターゲットをまとめて1本で狙ってしまおうというコンセプトのロッドである。タチウオのみならず、真鯛やシーバス根魚といったターゲットを狙う際にも使用することができる。ブランクスにはダイワ独自のテクノロジーである「メガトップ」を採用しており、スリリングかつシャープな釣りを展開することができる。他のロッドに比べると値は張るが、1本でマルチターゲットを狙うような釣りをするアングラーにはお勧めのロッドである。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.5 150 40-120 0.6-1.5 42,500

タチウオ専用ロッドを使ってみよう

タチウオは比較的バレやすい魚であるため、ティップは硬過ぎず、魚のノリの良いものが求められる。しかしながら、柔らかすぎるロッドではジグを操ることが難しいため、その点のバランスは重要だ。タイラバ用ロッドやバス用ロッドで代用することも可能であるが、他のアングラーに差をつけるためには専用ロッドを使用するのがおすすめだ。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト