トップページ>その他>真夏のフラットフィッシュ攻略!シャローとディープの攻め分け方とは

真夏のフラットフィッシュ攻略!シャローとディープの攻め分け方とは

タグ: /
アクセス 2016年08月06日

スクリーンショット 2016-08-04 14.32.07

出典:真夏のサーフでフラットフィッシュ – YouTube

近藤清之氏が真夏のフラットフィッシュ攻略におけるシャローとディープの攻め分け方を解説した動画が公開されている。

フィールドを分析しながら狙うエリアを変えていく釣り方は、これからの季節のフラットフィッシュ攻略の参考になるだろう。

真夏のフラットフィッシュ攻略

映像序盤では砂浜(シャローエリア)からスタートし、キビレとクロダイを連発。状況をみて湾内(ディープエリア)にフィールドを移した後、フラットフィッシュを連発する。

各エリアごとのルアーの使い分けや狙い方は、これからの季節のフラットフィッシュを狙うのに非常に参考になる。

夏が旬のマゴチを狙おう

夏が旬のフラットフィッシュの釣りだが、食すとなると話は変わってくる。

ヒラメの旬は基本的に冬とされており、夏はあまり脂が乗っておらず「猫またぎ」と呼ばれるほどだ。

それと相反して夏のマゴチは旬真っ盛り。脂が乗っていて一年の中で最も美味とされている。

キャッチアンドイート派のアングラーはマゴチをメインに狙うようにしよう。

関連商品

関連記事

夏に釣れる魚の特徴や生態 |マゴチ編

それぞれの特徴を知っておこう! マゴチが捕食するベイトフィッシュまとめ

タグ: /