ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「シンキングペンシル」の特徴と使い方

タグ: / / / / /
2018年04月13日 (最終更新日:2019年06月17日)

目次

  1. シンキングペンシルとは
  2. シンキングペンシルの使い方
  3. タックルセッティング
  4. おすすめのシンキングペンシル5選

おすすめのシンキングペンシル5選

最後に、高実績なおすすめのシンキングペンシルを紹介していこう。

ラッキークラフト「ワンダー」

シーバス界にシンキングペンシルというジャンルを確立させたパイオニア的な存在のルアーが、この「ワンダー」である。

誰もが扱いやすく、投げて巻くだけで釣れるという革新的なルアーで、飛距離も稼げる。

リトリーブ時にはナチュラルなローリングアクションを演出するが、フォール時にはボディを揺らしながら沈降する「ワンダリングフォール」と称されるアクションを演出する。巻くだけでなくフォールで食わせることも可能なのだ。

シンキングペンシルというルアーを使ったことのないアングラーに、まず最初に手にしてほしいルアーである。

ダイワ「スイッチヒッター」

エリアを選ばず誰にでも使いやすいことをコンセプトに開発されたシンキングペンシル。

流れの変化にさしかかるとイレギュラーなふらつきを起こし「食わせの間」をルアーが自動的に演出し、プレッシャーの高い状況でもシーバスのバイトを誘発する。デイゲーム、ナイトゲーム問わずに使えるルアーだ。

また、スリム形状ではなくボリュームのあるボディのため、操作性も高いのが特徴である。

アピア「パンチライン」

こちらはヘッド部が水を受けるようにフラットになった、少し変わった形状のシンキングペンシル

初めてシンキングペンシルを使う場合多くの場合、シーバスが好む速い流れや流れの変化を把握することが難しい。

しかし、パンチラインのフラットなヘッド形状はしっかりと水を受けてくれるため、初心者でも流れを見つけやすいのである。

視覚の効かないナイトゲームで流れを探して釣るのに効果的なルアーといえる。

ジャクソン「にょろにょろ」

バチ抜けやサヨリパターンの定番ルアー。際立って細身なシルエットはバチなどの餌を偏食している魚に効果抜群だ。もちろん、そのようなパターン以外の時でも十分に釣れる。

他にも使い方次第で様々なパターンに対応可能で、トゥイッチやジャークといったロッドワークにもしっかり反応してくれる。

ひとつ持っておいて損はないだろう。

ジャンプライズ「ぶっ飛び君」

上で紹介したシンキングペンシルに比べ、ミディアム以上のクラスのタックルでも扱いやすいシンキングペンシル。

「ぶっ飛び君 95S」や「ぶっ飛び君 ライト 95SS」などのラインナップがあるが、河川やサーフ等でシーバスを狙う際には「ぶっ飛び君 ライト 95SS」の方が沈降速度が遅く、スローな誘いができるため有効だ。使用するフィールドによってタイプを選ぼう。

ナチュラルなアクションで誘えるため、激戦区のスレたシーバスにも効果的。加えて塗装が強いため、コンクリに当てても壊れない点はアングラーにとって嬉しいところだろう。

ナチュラルアクションで爆釣間違い無し

初心者にも比較的使いやすいシンキングペンシル。そのナチュラルなアクションはスレたシーバスにも非常に有効だ。

この記事を参考に、実際にシンキングペンシルでシーバスを狙ってみよう。

タグ:
ツリバカメラ