テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>初心者におすすめ!アジングロッドのエントリーモデル5選!

IMG_1202

7949アクセス 2016年08月08日

初心者におすすめ!アジングロッドのエントリーモデル5選!

IMG_1202

アジングを始めたいが、どのロッドを購入すればいいのかわからない。普通のロッドとの違いがわからない。そういった人のために、今回は普通のロッドとの違いの解説と、エントリーモデルのアジングロッドを紹介する。

専用のロッドは何が違うのか?

一般に汎用ロッドと言われるロッドでもアジングができないわけではない。しかしながら、

ジグヘッドの操作感を得る

・軽量ジグヘッドをストレスなく飛ばす

・魚から伝わる繊細なアタリを感じ取る

といったことを求めるためには、やはり専用のロッドが必要となってくる。

近年は技術の発達によって、低価格ながらも本格的な仕様のロッドが購入できるので、アジングをする人には是非専用ロッドの購入をお勧めする。

おすすめの初心者用アジングロッド5選

メジャークラフト「ファーストキャスト

名前の通り、これからアジングを始めるアングラーには最適な1本である。価格も5,000円代と専用ロッドにしては破格の安さだ。初心者でもストレスなく扱えるようにするため、ブランクスには中弾性カーボンが用いられている。そのため、リリースポイントが多少ブレても竿が補正してくれるので、狙ったポイントにキャストすることができる。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.8 不明 0.6-10 1-5 6,480

ダイワ「アジングX」

今年の春に発売されたばかりの、ダイワのアジング用入門モデルだ。ブランクスにはネジレを抑えるための『ブレーディングX』構造が採用されており、この価格帯ながらダイワのこだわりが見て取れる。また、ティップ部分にはソリッドティップが搭載されており、アジの繊細なアタリを感じ取ることができる。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.8 108 0.5-8 1.5-4 10,000

シマノ「ソアレBB アジング」

シマノのアジングブランドであるソアレの入門用ロッドだ。Kガイドを採用することにより、ライントラブルが減少する仕組みになっている。また、ティップ部分にはカーボンソリッド穂先であるタフテック構造を採用しているため、高い感度を実現した。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.10 72 0.5-12 1.5-4 14,500

メジャークラフト「クロステージ アジングシリーズ」

上記の「ファーストキャスト」よりも一つ上のランクのモデルである。全6機種と豊富なラインナップに加え、アングラーの好みに合わせてソリッドティップとチューブラーティップを選べる点も嬉しいところだ。ソリッドティップでは金属的な感度を誇り、アジの細かなバイトを感知することができる。また、チューブラーティップは操作感に優れ、アングラーの思う通りにリグを操作することができる。実売価格が1万円前後なのも嬉しいところだ。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.9 不明 0.6-10 2-6 11,900

アブガルシア「ソルティスタイル アジング」

スタイリッシュにかつ手軽に楽しむことをコンセプトとしたこのロッド。赤のスレッドが特徴的でデザイン性に優れている。もちろん、デザインだけでなくロッドとしての性能も高い。ガイドにはKRガイドコンセプトを使用しており、軽量化、感度向上、ライントラブルレスを実現した。また、ブランクスにはカーボンテープをX状に巻き上げた「Xカーボンテープ」を採用しており、ロッドのパワーを上げるとともにネジレを防止した。

スペック

長さ(ft) 自重(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格(円)
6.9 92 0.2-5 1-4 16,500

アジングに挑戦してみよう

アジングは全国の至るところの防波堤からできるため、ルアーフィッシングを始める入門としては最適だ。小型ながらも引きが強く、食べても美味しいターゲットである。高価なものは要らないけれど、専用ロッドが欲しい、という方には是非参考にしていただきたい。

投稿ナビゲーション

関連記事

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト