テーマ別

トップページ>ブラックバス>黒田精司氏がジークラックの「タイニーギリング 75 HF」を使用して初夏の大江川を攻略

スクリーンショット 2016-07-29 16.14.09

1355アクセス 2016年07月31日

黒田精司氏がジークラックの「タイニーギリング 75 HF」を使用して初夏の大江川を攻略

スクリーンショット 2016-07-29 16.14.09

出典:GEECRACK 黒田 精司×大江川・五三川水系 2016年7月編(ジークラック) – YouTube

黒田精司氏がジークラック[GEECRACK]の「タイニーギリング 75 HF」を使用して初夏の大江川を攻略する動画が公開された。使用したのは「タイニーギリング 75」の新しく発売されたハイフロートモデルで、水面で瀕死のギルを演出することができる。

「タイニーギリング 75 HF」を使用して初夏の大江川を攻略

見た目がブルーギルそっくりの「タイニーギリング 75 HF」。トウィッチをすると水中にダイブするようなアクションをし、瀕死のギルが水中に潜ろうとしている姿そのものだ。アクションを止めると頭上がり、尻下がりの姿勢をとるため、ブルーギルが水面でエサを待っている姿を演出することもできる。

夏のトップウォーターゲームのローテーションに組み込もう

ポッパーや虫パターンといった、一般的なトップウォーターゲームとはまた異なるジャンルのこの「タイニーギリング 75 HF」。バスがギルをメインベイトにしている時には効果絶大だろう。ひとつボックスに入れておいて、トップウォーターゲームのローテーションに組み込むと、狙う魚の幅を広げてくれるだろう。

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト