テーマ別

トップページ>ブラックバス>ナチュラルアクションでバスを誘う!ペンシルベイトの種類と特徴まとめ

IMG_3875-1-720x540

1732アクセス 2016年08月05日

ナチュラルアクションでバスを誘う!ペンシルベイトの種類と特徴まとめ

IMG_3875-1-720x540

小魚が水面を逃げ惑うようなナチュラルなアクションが特徴のペンシルベイト。一口にペンシルベイトといっても様々な種類のものがある。今回はペンシルベイトの種類とそれぞれの特徴について解説する。

ペンシルベイトの種類と使い分け

スケーティングペンシル

浮き姿勢が水面と並行なタイプのペンシルベイト。水面を大きく左右に滑るようなスケーティングアクションが特徴で、広範囲から魚を引き出す力を持っている。

様々な種類のペンシルベイトの中で最もアクションが付けやすいタイプなので初心者におすすめだ。オープン気味の広いエリア大きくアクションさせて使うとよい。

ドックウォーキングペンシル

水面から斜め(45~60°)の姿勢で浮いているタイプのペンシルベイト。移動距離はスケーティングペンシルよりも短く、スケーティングアクションとルアーが水面に潜るダイブアクションの中間のアクションをする。スケーティングタイプの次にアクションが付けやすいペンシルベイトだ。

チョッピングペンシル

水面に垂直な姿勢で浮いているタイプのペンシルベイト。移動距離は最も短く、ダイブアクションを中心としたイレギュラーアクションでバスを誘う。

アクションを付けるには操作が難しく、中~上級者向け。カバーの回りや水草が沈んでる上など、ピンポイントでスローに使うとよい。

ポッパーペンシル

ポッパーのヘッド形状とペンシルベイトのボディ形状を掛け合わせたモデル。ポッパーのスプラッシュ性能とペンシルベイトのスケーティングアクションを同時に出すことができ、音と視覚でバスに強烈なアピールをする。

比較的操作はしやすいモデルで、アピール力も高いため広大なフィールドなどで遠くのバスにも気づかせたいときにつかうと良いだろう。

状況、好みによって使い分けよう

ペンシルベイトは数あるルアーの中でも、特に釣り人の腕がルアーアクションに反映されやすい。状況やベイトによって使い分けるのはもちろんだが、自分が最もベストなアクションを出せるものを選択して使うのもひとつの手だろう。自分に合ったペンシルベイトを探して、釣果アップを目指そう。

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト