テーマ別

トップページ>釣行記>[スズシゲさんからの寄稿] コアマンの新ルアーで早朝シーバスゲーム!

バックチャター

6614アクセス 2016年07月21日

[スズシゲさんからの寄稿] コアマンの新ルアーで早朝シーバスゲーム!

バックチャター

こんにちは!

釣りブログ「淡路島ライフ」のスズシゲです。

今回は、コアマンの新ルアー「BC-26 バックチャター」の試投を兼ねて、早朝シーバスゲームに行ってきたのでそのレポです!

シーバス用チャターベイトのかたち

今回使用した「BC-26 バックチャター」は7/7(木)にリリースされ、3日後の7/10(日)朝4:00に釣具屋に買いに来ましたが、既に在庫は残り3つでした・・・!

ファンの多いコアマンの新ルアーということで、売れ筋はかなり良いみたいです。

(僕もパワーブレードやアイアンプレートは思い入れがあって好きですが・・・)

で、何より気になっていたのがその形状!

バックチャター

背中に!ダブルフックが固定されています。

ブレードにはハーフスピンブレードが採用されています。

平たく言うと、スイベルじゃなくてリングでブレード固定してるから、半回転しかしないよ。ってことですね。

この半回転ブレードによって、ただ巻きするだけでイレギュラーアクションが誘発されます。

【動画】気になるアクションは?

実際のアクション動画はこちら。

#コアマン #BC26 #スライドアクション #千鳥アクション #淡路島ライフ

スズシゲさん(@szksgnb)が投稿した動画 –


ルアーを左から右に通しています。

ふらふらヨタヨタ(そしてキラキラ)アクションですね。

実際に投げてみて感じたこと

今回は河口のシャローエリアにエントリーして、岸際やテトラ際、流心を探りました。

ファストリトリーブでは・・・反応なし。

ゆっくり巻いてくると、フグがブレードをつつくようなアタリとセイゴがじゃれてくるようなアタリを感じましたが、いずれもフッキングには至りませんでした。

自重が26gとシャロー向けルアーにしては重たい気もしますが、根掛かり回避性能は高く、5回ほど石や海藻に引っかかりましたがすべて無事回収できました。

早朝の1時間のみの釣行でしたが、魚の反応を感じられたので良かったです。

フック位置が特殊なので、なかなか外道はかかりにくいかもしれませんね。

必要なアクションとしては、ただ巻きで十分♪

個人的な感想としては、1秒にリール2回までくらいが良いアクションしてくれているような感じでした。

また、ルアー腹部にもダブルフックを装着可能なので、フック2本仕様で超高速リトリーブとかしても青物とかイケそうな雰囲気です。

しばらく使ってみて思いましたが、このヨタヨタアクションはワインドアクションと同様に、フィッシュイーターのスイッチを入れそうですね。

このルアーを一言でいうと、「よりミノーらしい、不規則なスライドアクションを起こすメタルルアー」です。

また、気になる糸絡みや根掛かりに対する対処も良好です。

ブレード系ルアーであるものの固定式フックのため、気にある糸絡みは全くありませんでした♪

かなり使いやすかったので、この夏は投げ倒してみたいと思います。

釣りブログ「淡路島ライフ」では、「BC-26バックチャターの使い方をコアマン代表の泉さんに聞いてみた」という記事もアップしているので、良かったらそちらもチェックしてみてくださいね。

これから暑い季節になりますが、熱中症に気をつけて楽しい釣りをしましょう!

釣行データ

釣行日

2016年7月10日

釣行場所

淡路島東エリア

天気・潮汐

晴れ・小潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイワ「ラテオ 100ML・Q」

リール/ シマノ「ナスキー C3000」

ルアー/ コアマン「BC-26 バックチャター」

 

 

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト